「オネエ失格」4巻のネタバレと感想!喜一の態度にえみはモヤモヤ?

想いを通わせた相手だからこそ、満たされる。

年上の従兄妹の喜一と、心身ともに真実結ばれたえみ。

ゲイの従兄妹と普通女子という異色カップルのネタバレをしていきます。

 

前の巻を知らない人は下の記事からどうぞ。

「オネエ失格」3巻のネタバレと感想!喜一とえみの関係は発展中!

2017.01.29

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先で「オネエ失格」と検索すると読めます。

HandyTLコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(PC版)

 

「オネエ失格」4巻のネタバレ

心も体も結ばれたえみと喜一。

いままでの日常に、甘い時間がプラスされた心地よい生活。

二人は、順調過ぎるくらいに満たされた日々を過ごしていた。

 

そんなある日、えみの同僚であり、相談にも乗ってくれていた二人からお誘いが。

えみの彼氏にとても興味があるから会ってみたい、と。

無理強いしない二人の雰囲気に、えみも感謝を込めて快く引き受ける。

 

けれど、男性1人じゃ気まずいだろうからという話になり。

最終的には、トリプルデートをしようという話になった。

帰宅後、喜一に相談するえみ。

 

喜一も、えみの相談に乗ってくれていた相手なら大歓迎だと返してくれる。

そして、やって来たトリプルデートの日。

えみは、喜一と会うことになぜか緊張していた。

 

全ては、昼休みの仮眠の際に見た夢のせい。

喜一に抱かれる夢を見てしまっていたえみは、喜一と顔を合わせるのが気まずかった。

欲求不満なのか、と内心で1人動揺していたえみだが、やって来た喜一は普段通り。

今は、とりあえず平常心だと、えみは自分に言い聞かせる。

 

そして、同僚たち2カップルと合流し、自己紹介という流れになったその瞬間。

思わずえみは噴き出した。

普段通りだと思っていた喜一が、なぜかオネエ言葉ではなかったのだ。

 

えみからすると、不自然極まりない男言葉で話す喜一。

さらに、あっという間に喜一は、皆よりも年上で職業柄の社交性もあってか、すぐに話の中心に。

その最中、喜一が仕事場からの電話で中座する。

 

喜一が抜けた席では、一様に喜一のことを大人の男だと皆が感心していた。

しかし、なぜか心にモヤモヤとしたものを抱えるえみ。

そして、一気にジョッキを煽ると、喜一を追い掛けて外へと向かう。

そんな気になるところで、物語は次回へと続きます。

 

もっと詳しい内容が気になる方は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

HandyTLコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(PC版)

 

「オネエ失格」4巻を読んだ感想

前回、やっと想いも身体も結ばれることとなったえみと喜一。

心の底から想いを通わせた二人は、とても満たされた時間を過ごします。

互いのことが大好きなのだと、物語の進む端々に甘い空気が。

 

今回のトリプルデートでの男言葉も、えみを気遣ったからこそでしょう。

えみの立場を考え、オネエ言葉をさり気なく封印しちゃう喜一くんは、男前です。

それでも、途中、同僚の彼氏に、話の流れで大人にしてあげる発言が飛び出ますが。

 

そうやって一瞬、妖しい色気だだ漏れになる喜一くんは、もうご愛敬でしょう。

しかし、気になるのはえみの行動。

順調な雰囲気だったはずなのですが、終盤では、何やら抱える想いがありそうなえみ。

 

やはり、喜一はゲイのままなのか、バイになったのかという部分でしょうか。

喜一の様子からすると、全く心当たりがない感じなので、どうなるのでしょう。

 

一体、えみは何を思ったのか。

気になる続きは、次回へと持ち越しです。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先で「オネエ失格」と検索すると読めます。

HandyTLコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(PC版)

 

次は下の記事へ!

「オネエ失格」5巻のネタバレと感想!単行本の書き下ろしについても

2017.02.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。