「政宗くんのリベンジ」8巻のネタバレと感想!兼次の胸元に何かある!?

「政宗くんのリベンジ」8巻のネタバレと感想です。

さて、今回の巻で物語的には一段落ついちゃうんですよ。

ただし、何やらまた別の展開も待っていそうな予感が・・・?

 

前の巻はコチラから。

「政宗くんのリベンジ」7巻のネタバレと感想!舞台は旅行先フランスへ

2016.06.30

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「政宗くんのリベンジ」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「政宗くんのリベンジ」8巻のネタバレ

今回の大きな動きとしては、政宗と愛姫の過去の話がようやく繋がります。

7巻では2人の記憶と認識にズレがあったことが分かっていましたね。

「政宗くんのリベンジ」7巻のネタバレと感想!舞台は旅行先フランスへ

2016.06.30

それが、今回の8巻を通じて解消されるのが大きな見所。

 

パリの公園のベンチで愛姫の過去の記憶を聞かされる

昔、仲が良かったデブった男の子(政宗)と仲が良かったんだー、と愛姫が言うんですよ。

その昔に仲が良かった子は、目の前にいるんだけれどね。

 

愛姫の過去の記憶と、政宗が持っていた記憶にズレがあることが、ここで明確に描き出されます。

愛姫の話を聞いた政宗は、愛姫の言うことが信じられない様子。

 

大声で「被害者ぶるなよ!」と、らしくないくらい大声をあげてしまいます。

こうして何とも言えないパリ旅行が終了し、仲違いしたままの帰国となってしまいました。

 

帰国後にミュリエルの兄から漫画を手渡される

政宗と愛姫の2人を参考にして描いていたミュリエルの漫画。

そこで描かれていたのは、政宗と愛姫を元にして描かれていた漫画で、2人の過去と現在でした。

 

そこでミュリエルの手紙から気付かされたことがあるのです。

お互いの視点のズレがある、という違和感に。

 

愛姫にフラれたと思っていた政宗だが

自宅で妹から覚えのないことを言われた政宗。

妹いわく「部屋に入られて、靴下とパンツが盗られた」とか。

実は、これが母親の仕業だったんですよね。

 

そこで政宗は、あれ・・・となるわけです。

「人の脳みそなんて、あてにならん」

今までの記憶が思い違いの可能性であることを、ここで認識するのでした。

 

確認のために安達垣家と吉乃の元を訪れる

さて、事実確認の開始です。

自分の記憶が思い込みだったのではないか。

声は本当に愛姫のものだったのか、と吉乃に語る政宗。

 

愛姫が覚えていない「豚足」という言葉。

でも、小さい頃から近くにいた吉乃は豚足を「知っていた」わけです。

あくまでも、政宗は推測であることを前提に吉乃へ全てを話しました。

 

自分の信じてきたことは全部間違いだった

今も昔も政宗の行動原理は、「愛姫をこっ酷く振る」ということでした。

しかし、吉乃からの告白を聞いた政宗は、自分がすがってきたことが間違いであることに大きなショックを受けるのです。

 

それでも、吉乃が続ける告白に耳を傾けていました。

吉乃は政宗に過去のことを話し続けて、今まで協力してきた理由も語ったのです。

その理由は・・・。

 

「だって本当に正面から愛姫さまと向き合ったら、嫌いになんてなれないでしょう?」

 

吉乃の最後の言葉を聞いた政宗は、兼次と一緒にいる愛姫の元へ走り出します。

一方の吉乃も、どうやら過去の重みがようやく解かれた様子でした。

 

本物と―俺と付き合え!

過去の話しを全て受け止めて、愛姫に告白的なことをした政宗。

愛姫と会っていた兼次にも、何故か「胸」があったり・・・?

さらには、政宗が生きた心地がしていない表情を見せている。

 

一体、次回はどうなるのか!?

というのが8巻の主な流れでした。

 

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「政宗くんのリベンジ」8巻の感想

7巻の感想で書いていた通り、やっぱり吉乃でしたねー。

早くから気付いていた人は気付いていたのでしょう。

流石に7巻であそこまで言っていれば、読者側からすれば勘付かないわけがないですよね(笑)

 

さて、これで政宗の作戦は頓挫しているわけですが、どうするんでしょうか。

というか、政宗がバーンアウト症候群になっちゃってるわけですけれど、あれかリバウンドするのか!?

 

クラスの超イケメンが1ヶ月したら、豚になるとかクラス中、ひいては学校中から悲鳴があがっちゃうぞ。

また、別のキャラに視点を当てると兼次に「胸」があった。

 

あれれ〜おかしいぞぉ、と思うけど性別は公開されてなかったんですよね、兼次って。

同時に少し安達垣家からお金を貰っていたような記憶もあるので、これが後にどう影響してくるか。

 

没落名家復興のために頑張っているのですが、あんまり報われなそうですよね。

8巻のおまけページっぽいところで、寧子のワンシーンが描かれているんですよ。

次回予告的な感じなのでしょうが、ウソページって感じでもない。

 

これも9巻に繋がるのかっていうのが、気になって気になって仕方ない。

どういうワンシーンなのかは、8巻のラストまで読んで確かめてみてねっ!

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「政宗くんのリベンジ」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です