「キモコワな彼女:神様の家」詳しいネタバレ!宗教の怖さここに極まり

「キモコワな彼女:神様の家」詳しいネタバレです。

開口一番ですが、やっぱり宗教ってクソですねって言いたくなる話でした。

こういうのがあるから、宗教は叩かれるんでしょう。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「キモコワな彼女」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「キモコワな彼女:神様の家」詳しいネタバレ

旦那の転勤が決まり、引っ越しが必要となった香たち。

家を手配しなきゃって思った香でしたが、旦那からは驚きの言葉。

「実家に近いし同居しないか?」

 

香は警戒しました。

なぜなら、旦那の一家は熱心な宗教家族で、一家揃って宗教を信仰。

香が結婚したのだって、宗教を信仰しないという条件があったから。

 

それを反故にされそうなのですから、香もたまったものじゃありません。

そして、やはり心配している事は起きてしまったのでした。

 

勝手に手配される幼稚園の入園と旦那の弱気っぷり

恐れていた事態が少しずつ進行し始めてしまいました。

手始めは子供たちが、信者育成のための教団の託児所に入園。

入園を止められなかった旦那は、なぁなぁっぷりでヘラヘラ。

 

さらに、事態は加速度的に悪化をたどる一方。

信仰しない香は、まるで召使のように働かされる上に、旦那の給料などは姑が管理。

自由も何もありません。

 

子供たちの送り迎えくらいしたい、と言っても姑はさせてくれない。

子供は義父母に盗られたも同然の状況に。

加えて、週末に親族揃って宴会のような食事会も開催。

この宴会の席での出来事が香の立場を一層悪化させてしまうのです。

 

助けてくれない旦那

宴会の席で強く入信を拒否した香の扱いは、さらに悪化する一方。

流石に我慢できず香は旦那に助けを求めます。

しかし、待ち受けていた現実は非常なものでした。

 

笑顔で香に入信を勧めてきたのです。

しかも、香がツライと訴える行為に関しては一切の関心を寄せ付けず。

旦那の態度が決定だとなり、香の感情は失望感と不信感支配されていきました。

 

翌日に家を追い出される香

夫に話した内容が筒抜けだったのか、お祓いと称して暴力を振るわれた香。

出ていくことには納得したのですが、子供だけは返して欲しい、と願います。

しかし、香の願いは届くことは無く・・・。

 

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

無神論者といいますが、仏教とか儒教が生活の中であるため、正確に言えば日本全体は宗教国家である。

というような話とかは、よく耳にしますよね。

 

でもですよ、「神様の家」のように他人にまで押し付けるのは、クソですよねホント。

私の友だちも創価●会の会員で、熱心に電話で誘われたことがあり辟易しました。

それを思い出させてくれたのが、今回のお話。

 

君、異様に宗教を嫌うよねっていうのも、今さっきの私の過去の話があるからです。

あー、あの奴ら滅びないかな、と思ったときもありました。

 

ホント、近くに狂信者がいたりすると大変ですよ。

とはいえ、宗教も悪いものじゃないってのも理解しているんですけれどね。

独自の理論をもって教えを解釈し、それを人に押し付ける奴がクズなんですから。

 

そういえば、この前はエ●バだったかな・・・?

あの人達も来て、聖書がどうのこうのって語り始めてめんどくさかったですね。

素晴らしいことであるなら、勝手に広まりますし、興味があれば自分から動くって言ってやりました。

 

ホントやめて欲しいです。

そう思うと、香のその後が気になって仕方ありません。

無事に目的を果たすことはできたのでしょうか。

 

投稿者の人は、その後のことも報告して欲しい、と感じました。

あまり良い成果は出てないかもしれませんが・・・ね。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「キモコワな彼女」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です