「声なきものの唄」2話のネタバレ!チヌの過激な運命と小梅の悲惨な最後

両親と死に別れ、たった1人の肉親である姉のサヨリとも離れ離れになったチヌ。

チヌは須賀屋という、廓内でも下流の女郎屋に売られてしまう。

 

挙句の果てには覚悟も定まらないまま見世に出され、処女も失った。

前回は、絶望感の中、チヌは夜の海へと身を投げてしまいました。

そんな気になる続きを、ネタバレしていきます。

 

前話の内容は、下の記事から確認できます。

「声なきものの唄」1話のネタバレ!チヨとサヨリに課された過酷な運命

2017.02.14

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「声なきものの唄」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「声なきものの唄」2話のネタバレ!

14歳でありながら、女郎として見世に出されたチヌ。

海に入れば、いつか故郷の海へと辿り着けるかもしれない。

失意の果てに、チヌは夜の海へと身を投げた。

 

しかし、そんなチヌが目を覚ますと、目の前には見知らぬ男性の顔があった。

チヌは、夜釣りをしていたその男性に助けられたのだ。

 

そして、その男性の正体は、廓一帯の土地を所有している大地主・若水公三郎だった。

若水家の当主である公三郎は、若様と呼ばれ、廓では逆らう者がいないという人物。

さらに、若く容姿端麗で紳士的な若様は、廓の女たち全ての憧れ。

 

そんな若様に助けられたことで、チヌの足抜けは不問された。

本来、女郎の足抜け、借金を返さずに逃亡する行為はご法度であり、きつい折檻をされる。

 

だが、若様のお陰でチヌは仕置きをされず、女中に戻してもらえることに。

そして、再びチヌは須賀屋で、女郎ではなく下女として働くことになった。

 

けれどチヌは、男性に嫌悪を抱くようになってしまっていた。

それでも、若様だけは、なぜか平気なのだ。

 

そんなある日、須賀屋の女郎であり、チヌにも優しく接してくれた小梅が体調を崩す。

小梅には、子供が2人いたという。

その子供の病いの治療費などで借金がかさみ、小梅は30歳を過ぎても女郎を続けている。

 

そんな小梅が寝込んでしまったのだ。

しかし、須賀屋には、元々女郎は2人しかいない。

小梅を休ませるためには、代わりが必要だ。

 

チヌは、小梅のためにも再び女郎になる決心をする。

これが今の自分の仕事なのなら、惨めに思ってはいけない。

チヌは涙を堪え、客の男に抱かれる。

 

しかし、小梅の具合は一向に良くならない。

下流の女郎屋である須賀屋には、医者に診せる余裕などないし、食事も質素。

道具があれば魚が釣れるのに、と海を眺めていたチヌ。

 

そんなチヌを海から見つけた若様が、船の上から声を掛けて来た。

大量に釣れたから、欲しい魚をあげるよ、と。

咄嗟に、全部欲しいと答えてしまったチヌ。

 

チヌから事情を聞き、快く魚を譲ってくれた若様。

お礼に魚を捌くことになり、若様を須賀屋に連れて来たチヌ。

須賀屋の旦那さんとお母さんは、恐れ多いと青い顔で驚愕してしまう。

 

それでも、和やかに皆で食卓を囲むことに。

思いがけず、楽しい時間を過ごせたという若様を見送り、チヌは笑顔で店に戻った。

 

しかし、店には不穏な空気が漂っていた。

寝込んでいた小梅は、実は結核であったと露見してしまっていたのだ。

うつる死の病である結核を患う女郎がいたと知られれば、商売にはならなくなる。

 

旦那さんとお母さんは、忌々しいと激怒し、医者も呼ぼうとしない。

むしろ小梅を実家へ追い返し、残った借金も実家に用立てさせると言う。

勘弁してほしいと、吐血しながら懇願する小梅。

 

このままでは小梅が死んでしまう。

若様なら、きっと医者を呼んでくれる。

急いで店を飛び出したチヌだったが、警官に足抜けと誤解されて店に連れ戻されてしまう。

 

しかし、戻った店では、小梅が自害していた。

生きていたら迷惑がかかると、自ら喉元を簪で突き刺したのだ。

 

お陰で他に知られるほど大事になってしまい、須賀屋は潰れてしまう。

おマサは、別の土地の廓へ移り、旦那さんたちは夜逃げ同然に去って行った。

そして、残されたチヌが、行けと言われた場所は――。

 

もっと詳しい内容を知りたい方は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

前回、問答無用で女郎として見世に出されてしまったチヌちゃん。

失意の果てに海へと身を投げたところを、麗しの若様に助けられました。

 

とても上品で紳士的な若様。

見た感じ、結構若そうなのですが、大地主・若水家の当主だとか。

登場する場面は、いつも釣りをしています。

 

この出会いが、チヌの今後を変えそうな予感。

チヌも懐いていますし、若様もチヌを気に入っていそうな感じです。

 

そんな明るい場面もありますが、またまた波乱の展開に。

チヌに優しく接してくれた小梅姐さんが、病いに倒れてしまいます。

さらに、そんな小梅姐さんのために、今回、チヌは自分から女郎になりました。

 

作中でも旦那さんが言っていますが、腹を括った女は強い。

1話では泣いてばかりいて、ただの子供だったチヌちゃん。

それが2話では、他の人を守る強さを見せます。

 

チヌちゃんの健気さや無邪気さは、とても応援したくなります。

どうかめげず、そして、その素直さを失わないで欲しいと思わせてくれます。

 

今回で、須賀屋でのお話は終わります。

潰れてしまった須賀屋から、チヌが移ることになったのは、矢津遊郭の中でもトップという大店。

次回からは、大店「東陽楼」でのお話が始まります。

 

下流の女郎屋から、いきなり大店で働くことになったチヌちゃん。

その理由もそうですが、今後、先チヌちゃんがどうなっていくのか。

この先の展開が気になります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「声なきものの唄」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

続きは下のリンクから。

「声なきものの唄」3話のネタバレ!若水がチヌを特別視するのはなぜ?

2017.02.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。