「声なきものの唄」8話のネタバレ!若様と寿子の悲しき過去

矢津遊郭で娼妓となったチヌ。

そんなチヌを救い、支えてくれる若様は神様のような存在。

 

若様は、矢津遊郭一帯の土地を所有する大地主。

そんな若様の謎に包まれた過去物語の後編を、ネタバレしていきます。

 

前回までの内容は、下の記事からチェックしていただけます。

「声なきものの唄」7話のネタバレ!物語初の前編・後編もの

2017.03.05

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「声なきものの唄」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「声なきものの唄」8話のネタバレ

後の若様こと若水公三郎は、東京の帝大に通う優等生だった。

そんな公三郎は、偶然出会った少女、志方寿子に恋をする。

 

しかし、この寿子は、男爵家のご令嬢で公三郎の若水家は、財はあるが所詮は平民の家柄。

案の定、寿子の父親である志方男爵には、2人の恋を反対されてしまう。

けれど、その反対する理由は、身分違いの恋だからではなかった。

 

寿子は男爵家の養女であり、実の親は、若水家への借金によって一家心中を図ったという。

男爵が言うには、若水家は寿子の仇である。

それでも、公三郎は想いを諦めることができなかった。

 

また寿子も公三郎を想い、会えない日々に涙を流す。

実は、男爵は養女である寿子に手を出していたのだ。

男爵によって汚されたと思う寿子は、公三郎に会う資格はないと思っていた。

 

しかし、そんなある日、公三郎は男爵と寿子の関係を知ってしまう。

思わず駆け寄る公三郎。

そして、寿子へ、仇かもしれないが君を守りたいと、手を伸ばす。

 

身を隠すようにして、手を取り合い、逃げ伸びる公三郎と寿子。

辿り着いた古い宿で落ち着いた2人は、互いの想いを確認するように身体を重ねる。

そして、後に2人は西伊豆の漁村に移り住むことに。

 

追っての目を盗み、逃走費用を捻出するために、身の回りのものを売り払い。

手間仕事を請け負って、目立たずひっそりと暮らして、早1ヶ月が過ぎていた。

お嬢様育ちの寿子も、意外な逞しさをみせ、貧しいながらも笑顔溢れる日々。

 

その中で、唯一手放さなかったのは古今集。

片想いのときに寿子を思い浮かべていた610番の歌。

この歌が、一番好きだと言う寿子は、私たちのようだとほほ笑んだ。

 

そして、そんな日々の中、寿子の妊娠が発覚する。

心から喜び、もっと稼いでくると勇んで出て行く公三郎。

 

けれど、寿子の心中は穏やかではない。

この子は、公三郎の子なのか、それとも、義父の子なのか。

つわりに苦しみながら思い悩む寿子。

 

だが、そんな寿子に、声がかけられた。

見上げた寿子の視線の先にいたのは、義父である志方男爵だった。

 

慌てて逃げ出した寿子は、仕事中の公三郎の元へ。

逃げろと叫ぶ寿子だったが、志方男爵とその護衛の男たちに捕まってしまう。

 

久しぶりの対面を果たす男爵を、公三郎は睨みつける。

すると男爵は、淡々と公三郎は退学、公三郎の恩師も休職状態に自分が追い込んだと告げる。

さらに、母親の実家である高木家は外聞から外も歩けず、母親も病院で寝たきりになったと。

 

動揺する公三郎に、男爵は尚も償いが足りないと刀を抜く。

そして、容赦なく上半身へ斬り付けた。

 

倒れ込む公三郎に、男爵が構えた止めの切っ先が迫る。

しかし、その刀は公三郎に届くことなく、庇い出た寿子の身を突き刺してしまった。

 

もっと詳しい内容は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「声なきものの唄」8話の感想

今回は若様の過去の物語、後編です。

前編の前回の続きから始まった今回ですが。

 

やはり、結末は悲恋でした。

しかも、幸せな時間があった上での悲恋だから、やり切れません。

 

作中の若様も言っていましたが、誰も彼も不幸にした恋だった、と。

その言葉通り、全く救いはありませんでした。

 

唯一の救いは、負傷した若様の傍にお父さんがいたことでしょう。

心配をかけるな、と切なそうに微笑むお父さんに、心底癒されました。

 

ただ、個人的にチヌちゃん推しのため、これは強敵だと。

若様の初恋の相手な上に、駆け落ちするほど愛し、自分を庇い死んでしまった寿子さん。

そんな相手のことを、若様のような人が忘れることなどできませんよね。

 

6年経った今も尚、その影が散らちているようで。

それに、チヌちゃんも気付くのですが、何も気づいていない振りしてほほ笑むんです。

そのチヌちゃんの心情を考えると、本当に切なくなります。

 

あれだけチヌちゃんに目をかけておいて、寿子さんをまだ想っている若様。

よくよく考えると、結構、思わせぶりで酷いことしているような気もしてきます。

 

それでも、若様がいたからこそチヌちゃんも今があるわけで。

これから、この2人の関係はどうなっていくのでしょう。

若様の過去を知ったからこそ、余計に、先の未来が気になってしまいました。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「声なきものの唄」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

続きは下のリンクから。

「声なきものの唄」9話のネタバレ!チヌの優しい心と一枝の嫉妬心

2017.03.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。