「りんたとさじ7話:また会う人」の詳しいネタバレと読んだ感想

普通の人には見えない不思議なものが見えるリン太。

そんなリン太とお付き合いをしているサジ。

 

リン太と共にいることで、次第にサジ自身も不思議なものが見えるように。

不思議な出来事が、当たり前となりつつある2人の物語をネタバレしていきます。

 

前回までの内容は、下の記事からチェックしていただけます。

「りんたとさじ6話:傘の人」の詳しいネタバレと読んだ感想

2017.04.01

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「りんたとさじ」と検索すると読めます。

コミなびの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「りんたとさじ」7話のネタバレ

彼氏であるリン太が大好きなサジ。

その日、サジは朝から随分と浮かれていた。

 

なぜなら、大好きなリン太に、ピクニックへと誘われたからだ。

朝早くからお弁当を作り、用意は万端。

スキップで待ち合わせ場所へと向かったサジ。

 

けれど、何やら違和感を覚える。

歩く人々が、カエルやら虫やら変なものに見えるのだ。

 

最近、変なものが見えるようになってきたサジ。

これも、リン太と一緒にいるためには慣れなくてはいけないのか。

しかし、いつもより変なものが見えすぎることに心細さを感じる。

 

そんな時、リン太の声が、サジを呼んだ。

心細かったサジは、リン太へ駆け寄ろうとする。

 

しかし、リン太は近づくなと、サジを止めた。

さらには、そのままリン太は、行くぞとだけ言ってさっさと行ってしまう。

 

どんどん増えていく変なものたち。

半泣きになりながら、サジはリン太を追いかける。

 

そしてたどり着いたのは、古びた4階建のマンション。

エレベーターはないため、歩いて屋上まで上がるぞ、というリン太。

 

中は薄暗く、サジは二の足を踏む。

それでも、リン太はどんどん先へと行ってしまう。

 

行くしかないと覚悟を決め、リン太を追うサジ。

だが、そんなサジを邪魔するように、何かがサジを圧迫してくるのだ。

サジは立っていられず、這うようにして階段を上がる。

 

そして、やっとたどり着いた屋上。

リン太は、すでにお弁当を広げており、ご褒美だとおにぎりを差し出してきた。

 

するすると地面を這い、おにぎりへと齧り付くサジ。

その瞬間、サジは巨大な蛇になっており、リン太を丸呑みしてしまう。

 

そして、リン太を堪能するように、腹へと収めていくサジ。

だが、そんな蛇となったサジの腹部を激痛が襲う。

 

痛みに気を失ったサジが目覚めた時、そこはビルの中。

動けず喋れないサジに、無理するなと疲れたように言うリン太。

 

そこへ、リン太のバイト先の知り合いである村上が現れる。

村上からは、サジが取り憑かれていたことを教えられる。

そして、だいたい半日くらいでおさまるし、年に2、3回あるくらいよ、と。

 

サジは、村上の軽い物言いに、がっくりと落ち込む。

 

そんなサジの耳に、賑やかな声が届いてくる。

わらわら入ってきた中年の女性たち。

 

すると戸惑うサジへ、リン太が、ここはバイト先の休憩所だと答える。

そして、補足のように村上が、ここは家政婦紹介所だと。

 

慌てて挨拶をするサジだったが、物凄い吐き気をもよおしてしまう。

そして、手の上に吐き出したことで、サジは今朝味見をしたねずみさんと再会を果たした。

 

もっと詳しい内容は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

 

「りんたとさじ」7話を読んだ感想

今回は、サジが憑かれてしまったお話。

とうとう、ここまできたかサジちゃん、という感じでした。

 

しかも、蛇になってしまっていました。

ただ、なぜ蛇に、どこで蛇に、という部分は触れられず。

 

それでも、リン太のお陰で無事に元に戻ることができました。

途中、リン太は食べられていましたが、どれも幻術のようなものだったようで。

 

しかし、最後は気持ち悪かったです。

サジが吐き出したのは、ねずみだったということですよね。

取り憑かれている間とはいえ、どんな料理をしていたのか。

 

そして、とうとうリン太のバイト先が判明。

けれども、なぜ家政婦紹介所。

 

あのおば様方は、きっとリン太たちとは違うのかもしれませんが。

表向き、という感じなのでしょうか。

判明したわりには、謎が残りました。

 

本格的に、サジも普通じゃなくなってきました。

1巻は、次でラスト。

どんな展開になっていくのか、やはり先が読めません。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「りんたとさじ」と検索すると読めます。

コミなびで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

次の話は下のリンクから。

「りんたとさじ8話:さくらの人」の詳しいネタバレと読んだ感想

2017.04.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。