「情交(作:めいら)」1巻のネタバレと感想!内容はちょっと切ない話が多め

色々な人々の情交にまつわるお話。

登場人物ごと各話で完結しているように見えて、実はちょと繋がっている。

そんな人々の欲望の物語をネタバレしていきます。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「情交」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「情交」1巻のネタバレ

「ワルサ」

最初のお話は、新米男性教師・植野慎一のお話。

真面目で誠実、そんな教師が、ある出来事をきっかけに女子生徒と体の関係をもってしまう。

 

その女性生徒は、嵐山こずえ

美人と評判だが誰とも連まず、援助交際の噂まである生徒。

 

さらに、慎一は恋人・愛子とのデート中、中年男性とホテルへ行くこずえを見かけてしまった。

そこから、こずえを気にし始める。

 

その中、真面目だといつも他人から見られることに、慎一は悩んでいた。

本当は、もっと冒険したいと思っているが、臆病な心が真面目な仮面を被らせる。

しかし、ちょっとした気の迷いから、校内で自慰行為をしているところをこずえに目撃されてしまう。

 

するとこずえは、黙っている代わりに、自分を抱けと慎一に言うのだ。

さらには、抱いてくれるなら援助交際も止める、と。

それから始まる不純な関係。

 

けれど、実はこずえは援助交際などしていなかった。

母親の再婚相手に強要されていただけであり、慎一に片思いをしていたと告白される。

そして、こずえは転校し、慎一の前から姿を消してしまった。

 

「カオスリリウム」

続いてのお話は、可愛い女子大生のお話。

 

仲良し幼馴染の那結るりはは昔から可愛く、不審者に度々狙われてきた。

そのため、2人の絆は強く、いつも一緒。

女子校育ちで、男性と付き合った経験もない。

 

男などいらないというるりは。

恋には憧れるが、るりはと一緒が楽しいという那結。

しかし、その関係も、那結に恋人ができたことで変化する。

 

不審者に襲われかけた那結を助けてくれた二宮瞬

彼と那結は付き合うことになった。

 

けれど、るりはは、那結の恋を反対。

一時は、喧嘩をしてしまった2人。

だが、るりはが歩み寄ってくれて仲直り。

 

そして、仲良しに戻れたことに喜ぶ那結は、るりはの家にお泊まりへ出かける。

そこで、始まったのは、るりはによるセックスのレクチャー。

 

るりはにキスをされたり、お風呂で体を弄られる那結。

最初は戸惑っていた那結だが、るりはは、ただの女同士の戯れだと言う。

そして、触れてくるるりはの優しい手に煽られ、那結はついつい身を委ねてしまった。

 

けれど、瞬との触れ合いは、どこか恐怖や違和感を覚えてしまい、なかなか進まない。

那結のペースを優しく待ってくれる瞬に、那結は嬉しさを感じる。

しかし、那結はそれ以上に、るりはから齎される優しい快楽に傾きつつあった。

 

「ドクバリヲクダサイ」

そして3作目は、1作品目の慎一の恋人・愛子のお話。

同棲して7年経つが、一向に結婚する気配のない慎一に恋人の愛子は焦っていた。

入試時期と重なっていることもあり、愛子の誕生日さえ、まともにお祝いされない。

それに、最近はセックスレスにもなっていた。

 

そんな日々の中、不安や不満が溜まっていた愛子は、なんと間違えて万引きしてしまう。

商品棚に戻したと思っていたのに、エコバックに入れてしまっていたのだ。

さらには、それをろくでもない不良の男に見られてしまった。

 

男は、黙っていてやるから、ヤらせろと愛子に強要。

なすすべなく、何度も呼び出されては身を汚される愛子。

 

そんな時、街を歩いていたところ、男こと二宮準が金品窃盗の罪で警察に連行されて行く。

そして、解放された愛子は、さらに、教え子の受験を終えた慎一からプロポーズをされるのだ。

 

「カオスチェリー」

最後のお話は、2作目の那結の彼氏、二宮舜のお話。

那結との付き合いを、瞬の側から描いた作品。

 

可愛い彼女、那結と付き合う瞬もお年頃。

毎回、いいところでお預けをくらう日々に、童貞の瞬は悩みを抱えていた。

 

瞬は、不出来な兄に泣かされる母親を見て育ったため、女性の涙に弱い。

そのため、泣いても酷いことをやめない人間にはならないと決めていた。

 

それでも、毎回毎回、那結の涙に止められ、進展しない関係。

そんな悶々とした日々は、瞬の部に新しいマネージャーが来たことで変化する。

彼女の那結と同じ大学に通うという、斎城るりは

 

可愛くノリがよく、さらには、思わせぶりに瞬への好意を示してくる。

るりはの全てを受け入れるかのような誘惑と、健気な那結への誠意に揺れる瞬。

 

しかし、ある夜、とうとう瞬の欲望が暴走。

るりはの誘惑に勝てず、るりはを抱いてしまう。

 

別れて欲しいとも言わず、好きだとも直接的には言わないるりは。

むしろ、彼女には今まで通り、紳士でいて、自分に汚いところを見せればいいとさえ。

心地よいるりはとの触れ合いに、瞬は溺れてしまう。

 

もっと詳しい内容は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「情交」1巻を読んだ感想

最初は、各話には全く関連性がないのかと思っていました。

しかし読んでいくと、あれ、これって、という感じで登場人物が繋がります。

 

1作目の慎一は、3作目の愛子と恋人同士。

2作目に出てくる那結とるりはは、4作目の瞬と繋がります。

さらに、3作目の愛子を犯す男、二宮準は、4作目の瞬のお兄さんという。

 

慎一カップルはなんとなく、これで終わりそうな感じ。

ですが、那結、るりは、瞬はこれから、という雰囲気です。

 

たぶん、るりはは那結が大好きすぎる感じで、瞬を誑かしている気が。

なにせ男性に対し、冷ややかというか、嫌悪しているとこが見えます。

反対に、那結に対しては、那結の純粋さを守りたいような感じ。

 

そう考えると、瞬くんは、巻き込まれた感じで、少しだけ同情します。

それでも、るりはの誘惑に勝てず、結局、浮気してしまった瞬くん。

さらに、都合良いるりはに溺れ、那結に対しての愛情だとかは全く見えません。

 

それでは、るりはに那結をとられても仕方ないですね。

ただ、そのるりはにも、何かしらあるようです。

 

快楽という欲望に負け、翻弄される人々。

この先の関係性が、どうなっていくのか気になるところです。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「情交」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「情交(作:めいら)」2巻のネタバレと感想!内容はるりは中心の巻

2017.05.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。