「あいの結婚相談所」原作漫画2巻の詳しいネタバレと感想

成婚率は、100%。

望んだ相手と必ず結婚できると評判の結婚相談所。

ただし入会金は200万円。

 

怪しさ満点のあいの結婚相談所。

独特な個性光る藍野所長が導く、奇妙な婚活物語をネタバレしていきます。

 

前回までの内容は、下の記事からチェックしていただけます。

「あいの結婚相談所」原作漫画1巻の詳しいネタバレと感想

2017.07.04

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「あいの結婚相談所」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「あいの結婚相談所」2巻のネタバレ

200万円という高額な入会金を払えば、望んだ相手と必ず結婚ができる。

まるで詐欺のような謳い文句の「あいの結婚相談所」。

 

さらに、所長は昔、動物行動学を研究していたという変わり者。

お見合い方法も、ネットを介したビデオ電話のみで直接会うことは禁じられている。

 

なぜなら、あいの結婚相談所では、結婚の意思が見えるまで、恋愛は禁止しているから。

それもこれも愛情などではなく、客観視で冷静に見極めるためだ。

 

愛情など結婚を決める要素としてはならないと声高に宣告する藍野所長。

しかし、相談にやってくるお客様は、最後には必ず笑顔で結婚のご報告をしていく。

今回も、色々なお客様が来所。

 

一年前から引きこもり続ける息子の結婚相手を探して欲しいと依頼してきた父親。

藍野所長推薦のお見合いはしたが、婚約破棄になったため入会金を返せという男性。

 

その他にも、藍野所長はただ待っているだけではありません。

自分からお客様になりそうな方をスカウト。

 

特別秀でたものもなく、自分に自信もないまま就活をしていた女性。

ジュエリーショップに勤める、美意識の高いアラフォー女性。

地味でつまらない自分を変えたくて、整形手術をしようとしていた女性など。

 

そして、今回初めて、あいの結婚相談所で結婚した夫婦の離婚話が。

二十年連れ添った夫婦が、離婚の報告に藍野所長の元へとやって来た。

結婚後七年で夫は会社を転職し、妻が家計を支えてきたという。

 

しかも、今回、また夫は勝手に退職をするは、妻には仕事を辞めろと。

とうとう妻は耐えきれなくなったというのだ。

けれど、聞いてみれば夫は老後を考えて資産を運用しており、会社は退職ではなく休職だった。

 

それは、妻が若年性認知症になったため。

本当は、何度と夫は妻に説明していたのだが、病のせいで妻は誤解していたのだ。

そして、藍野所長の執り成しのお陰で夫婦は無事に和解。

 

離婚ではなく、むしろ、仲を深める結果に。

さらに終盤では、とうとうシスターが登場。

シスターの人となりやシスターがどうして、あいの結婚相談所の助手となったのかが判明。

 

もっと詳しい内容は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「あいの結婚相談所」2巻を読んだ感想

今回もブレることなく、藍野所長は気持ち悪いほどのマニアっぷりを披露していました。

むしろ、必ず交尾ネタをぶっこんでくるようになるという絶好調ぶり。

 

相変わらず、たとえに出される生物も、マニアックな種類をチョイスしてきます。

カクレウオの危機回避行動とか、初対面のシスターに話す内容じゃありませんからね。

 

そして、ついに登場したシスター。

ドラマでは、最初から登場してくるヒロイン枠になるのですが。

見ていると、誰より自分の欲望に忠実に見えます。

 

イケメンを見るとドキドキしちゃう惚れっぽさ。

文句を言っていたはずが、スイーツを差し出されれば黙って食べる。

お陰で、登場して2話で2キロ体重が増えました。

 

毒舌で交尾ネタを次々投下してくる藍野所長。

一見すると良心的でありながら、腹は欲望に忠実というシスター。

この先、どんなコンビ芸を見せてくれるのか楽しみです。

 

また、7月には、ドラマも始まります。

こちらも、あの藍野所長がどんな風に実写化されるのか考えるだけで楽しみです。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「あいの結婚相談所」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

続きは下から。

「あいの結婚相談所」原作漫画3巻の詳しいネタバレと感想

2017.07.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。