「あいの結婚相談所」原作漫画における最終回のネタバレと全体の感想

「あいの結婚相談所」は、2017年7月にドラマ放送が決定しています。

そんな「あいの結婚相談所」も今回で最終巻。

個性豊かな登場人物が彩る独特な物語をネタバレしていきます。

 

前回までの内容は、下の記事からチェックしていただけます。

「あいの結婚相談所」原作漫画3巻の詳しいネタバレと感想

2017.07.04

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「あいの結婚相談所」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「あいの結婚相談所」最終回までのネタバレ

生物研究の元准教授で、生物マニアの所長・藍野さん。

相談所の助手食べ物と王子様系イケメンが大好物の猪突猛進シスター。

そして、藍野所長の元教え子で、お色気系美女の麗美。

 

そんな人物たちが登場するあいの結婚相談所は、成婚率100%。

さらに、ご成婚後の離婚者もゼロ。

入会金は200万円と高額だが、希望した条件の相手と必ず結婚できるという。

 

一見、詐欺に間違えられそうな謳い文句に引かれ、多くのお客様がやって来る。

それもこれも、藍野所長の営業によるもの。

 

たとえば、レンタルビデオ店でアダルトビデオを7本借りようとしていた男性。

お昼ご飯を広げ、お昼休み中のOLなど。

なぜそんな場所へ、という場所へ神出鬼没に現れては、営業をかけていく藍野所長。

 

しかし、そのどれもをご成婚へと導いていく。

もちろん、あいの結婚相談所は、アフターフォローも万全。

 

シスターが色々と誤解して空回っても、きちんと藍野所長が収める。

たとえば、婚約してから一年以上経つのに、結婚へと進まない会員様。

 

事情を聞くシスターだが、その予想は事実の斜め上。

会員様の言葉の上辺だけを信じ、勝手に想像して暴走をし始める。

しかし、そこは藍野所長が冷静なフォローできっちり決めます。

 

それ以外にも、結婚3年目の会員様のフォローや、ご婚約報告のあった会員様など。

あいの結婚相談所のフォローは手厚い。

 

そして、今回は、初めて藍野所長と会員様の恋疑惑が。

ただ、これもシスターの暴走がきっかけ。

 

それを知りながら、麗美はシスターをからかうように誤解させるアドバイスを。

そんな麗美という存在が、シスターの暴走を加速させる。

 

けれど、そんな麗美の過去が今回明かされた。

さらには、藍野所長がなぜ学校を辞め、結婚相談所を開くことにしたのかが判明する。

 

もっと詳しい内容は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「あいの結婚相談所」を最終回まで読んだ感想

とうとう最終巻です。

普段通りな会員様たちの結婚相談話とは別に、今回は、最終巻らしく、色々な過去が露見。

 

自由奔放な麗美に、なるほど、こんな過去が、と。

シスターの暴走で色々引っ掻き回された感じはありましたが。

最後には、麗美に心からの笑顔がありました。

 

さらに、藍野所長が結婚相談所を開くことになった理由。

なぜ、あんなに生物オタクな藍野所長が、結婚相談所を、というのは最初からの疑問。

それに、そんな理由があったのか、と、最後はすっきり。

 

シスターも回を重ねるごとに、藍野所長を尊敬し始めていましたしね。

決して、生物オタクの変態でも、毒舌だけでもない、藍野所長。

心にそんな想いがあったからこそ、成婚率100%という結婚相談所をやっていられるのでしょう。

 

ただの甘い夢物語ではなく、現実のシビアな部分から目を背けることなく。

それでも、笑顔あふれる、夢ある結婚へ。

とても読了感の心地よい作品でした。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「あいの結婚相談所」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。