【金魚妻2巻】1話「頭痛妻」のネタバレと感想!初っ端からエロで飛ばしてくるなぁ

「復讐の未亡人」などで有名な黒澤R先生の話題作「金魚妻」。

色々な夫婦、色々な妻たちが出てきます。

 

しかも、さすがは黒澤R先生。

一癖も二癖もある物語の展開を見せてくれます。

ということで今回は、40歳のセレブ妻が主人公の「頭痛妻」をネタバレしていきます。

 

1作目の金魚妻はこちらから。

「金魚妻」結末のネタバレと感想!黒澤Rが描く女性はエロすぎる

2017.01.20

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「金魚妻」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

【金魚妻2巻】1話「頭痛妻」のネタバレ

他を見下ろすように高々と聳え立つタワーマンション。

そこの最上階に住まうセレブな妻・田口慈子(たぐち ひさこ)、40歳。

 

夫は大きな会社を経営する社長。

けれども忙しいのか、もう半年も会っていない。

 

そんな彼女には秘密がある。

タワーマンションと川を挟んだ対岸にある土手。

そこに住んでいるタクゾーというホームレスと不倫をしているのだ。

 

最初の出会いは本当に偶然。

臆病で人に懐かない飼い犬が、そのタクゾーには懐いたのだ。

そして、飲んで行けと、コーヒーまで出されてしまう。

 

けれど、とても心地よく話していたその最中、慈子は耐えられない頭痛が。

案じたタクゾーの誘いで、タクゾーの住まいの中で休ませてもらうことに。

 

タクゾーの住まいは、ホームレスにしては立派で、普通に寝られるスペースがあった。

そこで横になっていた慈子は、いつの間にか寝てしまう。

 

そして、気づけば、タクゾーによって衣類ははだけ、素肌を弄ばれていた。

しかし、慈子の体を夢中で貪るタクゾーの姿に、慈子は、最後まで許してしまう。

 

その後も、慈子はタクゾーの元へ通っては、体の関係を結ぶように。

むしろ次第に慈子は、タクゾーのためにと体のケアのため、サロン通いまで。

慈子は、確実にタクゾーに惹かれていた。

 

だが、そんなタクゾーは、よく慈子のご主人のことを質問してくる。

その度に、慈子は謎の頭痛に悩まされるのだ。

 

タクゾーとの関係は、慈子の築いてきたものを壊すことになるだろう。

ある日など、息子から秘密を知っていると揺さぶりの言葉まで投げられた。

それでも、会うことはやめられない。

 

そして、慈子はアルバムを開く。

昔から、落ち込むことがあると、幸せだった頃のアルバムを見る癖があった。

 

もう、タクゾーとは会わない。

そう涙を堪えながら、ページをめくる。

そこには、赤ん坊だった息子を、胸に乗せて眠るタクゾーの写真が。

 

もっと詳しい内容は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

【金魚妻2巻】1話「頭痛妻」を読んだ感想

最初は、よくある不倫のお話かと。

確かに、相手がホームレスというのは新鮮ではありましたが。

まあ、よくあるパターンなのかな、と。

 

なるほど。

こういうオチになるのか。

 

なんでしょうね、この裏切られた感じ。

もっと、ドロドロになっちゃうのかと心構えしていたのに。

思わずほっこりしちゃったじゃないですか。

 

逆パターンの裏切り展開か。

さすがは黒澤R先生。

 

しかし、この先生、相変わらず描く女性が色っぽくて可愛い。

1巻のさくらちゃんも健気で可愛い妻でしたが、慈子さんもまた、40歳なのに可愛い。

また、身体を描くのもとても上手な先生なので、本当に色っぽいのです。

 

物語の展開もテンポが良く、登場人物も魅力的。

とても読みやすい作品です。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「金魚妻」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

続きはこっち。

【金魚妻2巻】2話「芳香妻」のネタバレと感想!タイトルからしてエロい

2017.08.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。