【金魚妻2巻】2話「芳香妻」のネタバレと感想!タイトルからしてエロい

色々な妻たちが登場する「金魚妻」の2巻。

一筋縄ではいかない展開を描き出す黒澤R先生の今作。

今回の主人公は、45歳の会社員・軒端薫(のきばた かおる)

芳香妻」の物語をネタバレしていきます。

 

前回までの内容は、下の記事からチェックしていただけます。

【金魚妻2巻】1話「頭痛妻」のネタバレと感想!初っ端からエロで飛ばしてくるなぁ

2017.08.20

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「金魚妻」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

【金魚妻2巻】2話「芳香妻」のネタバレ

既婚者の薫は、会社の飲み会のある夜。

会社の後輩・と一度だけ親密な関係になった。

 

二次会へ行くため移動することとなった融は、薫が乗り込んでいたタクシーに乗ってくる。

明日の予定もあるため、帰る気だった薫と、二次会に誘われている融。

仕方なく薫は酔っている融を、二次会場まで送り届けることに。

 

だが、融はこれ以上飲んだら死ぬと言い、二次会場へは行きたくないと駄々をこね始める。

そのため、仕方なく二次会場ではなく、融の自宅へと行き先を変更。

 

しかし、走行中、気持ちが悪くなったという融。

仕方なくタクシーも降り、歩いて送ることに。

その道中、いきなり融は号泣し始めた。

どうやら彼女に、もう会わないと言われたそうだ。

 

テンションが上がったり下がったり忙しい酔っ払い。

やっとの事で融の自宅アパートに到着する。

おかげさまで雪の中、歩く羽目になり、体は冷え切っている。

融は、さっき電気料金を払ったから、そろそろ電気も点くはずだと笑い、部屋に誘ってくる。

 

お茶でも飲んでいってください、と。

その誘いを軽やかに断り、帰ろうとした薫。

だが、電気が点かず、融は再び泣き出した。

オバケ怖いから、電気が点くまでいてほしいと子供のように駄々をこねる。

 

24歳にもなってと呆れる薫だが、きっと母親が恋しいのだろうと、部屋へ上がることに。

そして、融との談笑中、年齢の話になる。

45歳という薫の年齢を聞き、友達の母ちゃんと同い年か、と驚く融。

 

その流れで、融の母親は小さい頃に出ていってしまったことを知る。

そして、その友達のお母さんによくしてもらっということも。

さらに話していると、融の趣味がアロマだということも分かった。

そのハマりようは尋常じゃなく、高額な精油を揃えるほど。

 

この時期はアロマより、光熱費を優先しろと突っ込む薫。

しかし、そんな薫に融は寒いのは平気と笑って応える。

実は、作りたい香りがあるのだ、と。

それは、例の友達のお母さんの体臭。

 

実は、会えないと言ってきた彼女というのは、友達のお母さんのことだったのだ。

ただし、別に付き合っているのではなく、ずっと融の片思いだという。

そして、その彼女は、乳がんを患っていると告白する融。

健康な若い子と付き合え、お金も送ってくるな、と言われてしまったと語る。

 

そこで薫は気づく。

光熱費も払えないほど、融は彼女へお金を送っていたのだ。

さらに融は真剣な顔で薫に頼むのだ。

彼女の香りを作るために、薫に協力してほしい。

 

薫の香りは、病に侵される前の彼女の香りに似ているのだと。

近付く2人の身体。

香りが混じり合い、熱を帯びてさらに香る。

融は貪るように薫の香りを嗅ぎ、体を交わらせていく。

 

これは、燃え上がるような恋にはならなかった。

数ヶ月後、彼女のいる東京への赴任が決まり、去って行った融。

薫の生活は変わらない。

けれど、街で彼と同じ香りに遇ってしまうと、しばらく動けなくなってしまうようになっていた。

 

もっと詳しい内容は、ぜひ、本編をチェックしてみてください。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「金魚妻」2巻2話を読んだ感想

今回のお話は、なんというか、やるせない切なさを感じるお話でした。

主人公の薫は、年相応に見えない美貌を持ち、周りからも幸せそうな妻。

そこに、無邪気に懐いてくるかなり年下である融の存在。

 

きっと、少しは期待していたのではないかと。

けれど、融本人も言ってましたが、彼女一筋。

1回身体の関係にはなりましたが、それも融は薫を通して彼女をみていたはず。

 

融と彼女のその後の話が描かれていたから余計に切ない。

2人の関係があまりに一途で、深い絆を感じさせるからこそ。

薫の存在など、入り込む余地がないことを知らしめてくるのです。

 

けれど、当の薫は、融の気配を追ってしまうようになっている。

まあ、幸せそうに見える生活を送りながら、贅沢な話なのかもしれませんが。

それでも、やはり読了感としては切なさや、やるせなさを感じてしまいました。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「金魚妻」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

続きはこっち。

【金魚妻2巻】3話「園芸妻」のネタバレと感想!作品初のダーク展開

2017.08.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。