「バガタウェイ」最終回などの感想やネタバレ!試し読みはココで!

「バガタウェイ」のネタバレや最終回まで読んだ感想です。

マイナースポーツを題材にしているため、分かりやすく解説してくれる優れた作品でした。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「バガタウェイ」無料試し読みへ(スマホ版

BookLive「バガタウェイ」無料試し読みへ(PC版

「バガタウェイ」のネタバレ

空木雫は離島に住んでいたのですが、母の強引な勧めにより本土の高校へ通うことに。

そこから、学校のラクロス部に入部していくことになります。

 

実は、雫が入学・入部した筑紫学園のラクロス部は1年前は超強豪校だったのです。

しかし、卒業や作中で明かされていく男子ラクロス部の廃部なども重なって現在は弱体化。

そんな弱くなってしまったラクロス部に入部して、雫がラクロスの才能を開花させていく話です。

 

内容は、本当に少年漫画にある努力・友情・勝利。

友情は、女の子の友情ですけれども、そこは少年漫画に連載されていたので(ブレイドだから合ってるよね?)ドロドロっぽい展開は皆無。

 

少女漫画に求めるようなものは、一切ありません。

直向に前へ前へと進んで、勝負に勝って、楽しむ女の子たちの姿があります。

 

なのですが・・・意外と作者が主人公の扱いに困っていたらしく、影が薄いんです。

最終回でも結構な薄さでしたからね。

 

最終回までのネタバレってなると1記事じゃ全く足りません。

ラクロスに興味があったり、スポーツ漫画が大好きだ。

そのような方は、ぜひ読んでみてください。

まんが王国「バガタウェイ」を読む(スマホ版

BookLive「バガタウェイ」を読む(PC版

最終回まで読んでみた感想

というわけで、最終回まで読みましたが少々呆気無い終わり方をしました。

ですが、雫たちにはまだ時間もありますし、先の話を描くのも野暮なものです。

さて、今作は日本ではマイナーな競技である「ラクロス」を主題にしています。

 

そのため、ジャンプで連載していた「アイシールド21」と同じように、初心者にも分かりやすく丁寧に説明してくれる作品。

同時に、巻が進む毎に迫力のある動きで描かれるのが魅力です。

 

絵だけで見ると分からないのですが、実際にラクロスをやったらヘトヘトになるでしょうね。

雫含めて、作中の女の子たちは相当走ってますから。

 

それだけ、実はハードなスポーツだったりするんです。

こういうマイナーなスポーツを分かりやすく説明しつつ、楽しませてくれる漫画はもっと世の中で知られて良いと思いますね。

まとめ

全12巻と月刊&ウェブ媒体で連載していた作品としては長丁場でした。

しかし、それだけの濃さもあって、読み応えはバツグンでしたね。

ぜひ、読んでみてください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「バガタウェイ」を読む(スマホ版

BookLive「バガタウェイ」を読む(PC版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です