「罪と快」詳しいネタバレと感想!縛られる快感で思考がマヒしそう

緊縛を生業にする緊縛師。

緊縛師であるという女子高生と抑圧されたために歪んだ欲望を持つ男子高校生。

そんな二人が出会い、日常の裏で罪と快楽に溺れる日々が始まる。

人に明かせない罪と欲望を抱えたものたちの物語をネタバレしていきます。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「罪と快」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「罪と快」詳しいネタバレ

善とアヤメの出会い

教育熱心な両親にプレッシャーをかけられ、クラスでは除け者扱い。

抑圧的な日々を生きる高校一年生の峰寺善には、人に言えない秘密があった。

それはなんと、盗撮。

 

やめようと思ってもやめられない。

抑圧されればされるほどに、善の悪癖は止まらなくなってしまう。

そんなある日、善は一人の女子高生に狙いを定める。

 

階段を上っていく少女。

そして、その背後からスマホを構えたその瞬間、少女が振り向いた。

何をやっているのかと問われ、言い訳を並べるが、少女はそれならスマホの中身を見せろと。

 

しかし、スマホの中にはこの少女のものだけでなく、他の盗撮写真もあるのだ。

どうすればいいのかと焦る善。

すると少女は、黙っていて欲しければついて来いと言う。

 

やって来たのは屋上。

そこで少女は生徒手帳を出せと言うのだ。

大人しく差し出した善は、もう二度としないと謝罪。

 

だが少女は、一度味わった快楽は忘れられないものだと。

自分も同じだと笑って、カバンから縄を取り出してみせる。

そして、バラされたくなければと言う脅迫に従い、大人しく縛られていく善。

 

すると少女は、緊縛師の自分に縛られることをなかなか経験できないことだと笑う。

その後、少女は縛り上げた善と生徒手帳を共に撮影。

ネットに晒す際に、有効でしょ、と。

 

もう鬼ですよね、この人。

戸惑う善に、ただただ恍惚とした表情で微笑む少女。

さらには解いて欲しかったら、もっと私を楽しませなさい、と。

 

そこで焦り出したのは善。

なんと、トイレに行きたくなって来たのだ。

しかも、それを見抜いていた少女は、さらに笑みを深める。

 

このままだと漏らしてしまった制服で学校へ行かなくてはならなくなるよ、と笑うのだ。

窮地に立たされた善は、何度も懇願する。

だが、少女は受け入れないばかりか、屈辱的な命令までしてくる。

 

仕方なくそれに従った善は、少女の手によって用を足させられる羽目に。

力尽きたように項垂れる善をよそに、少女は善の縄を解き、笑顔で去って行く。

また、学校でね、と。

 

善に起きたことは災難かもしれませんが、まったく同情できないです。

ちょっとした出来心だとか言いますが、善のやってることは犯罪ですからね。

 

学校でエンカウントッ!?

あの出来事があったその日は学校へも行けなかった善。

翌日、自分の悪行がバラされていると思い、恐怖しながら登校する。

しかし、そこにあったのは、普段となんら変わらない日常の日々。

 

最初は戸惑っていた善だったが、なんとか安心し始めた放課後。

教室で一人押し付けられた掃除当番をこなしていたその時。

教室のドアが開いて入って来たのは、あの緊縛師の少女。

 

戸惑う善をよそに、少女は手に持つスマホを見せつけてくる。

それは、善のスマホであり、画面には、昨日の善の醜態が。

まさかこの場所でまた縛らせろと言うのか。

 

善の予想はその通り。

いそいそと縄を取り出す少女は、抵抗できない善を縛り上げていく。

そして、なんと窓から不審者がいると叫んだのだ。

 

校庭には、部活中の生徒たちがいる。

こんな姿を誰かに見られたらと善は焦るのだが、少女の方は楽しげ。

次第に近づいてくる声と足音。

 

慌てて掃除用具入れに隠れた善。

狭い掃除用具入れに入った善だが、そこになぜかついて来た少女。

少女はさらに善を追い詰めていく。

 

気づかれてはいけないのに。

声が出そうになるような触り方をしてくる少女。

状況とは裏腹に興奮していく善の体。

 

普通は会話しているだけでもバレると思うんですが。

ただ、バレるかバレないかの瀬戸際になると興奮していく少女。

放課後の教室の次は、善のクラスメートを呼び出した放送室ですからね。

 

ただ、まだまだ善くんは、この状況を楽しめていない様子。

きっとそのうち、この少女に縛られる快楽を追うようになるのでしょう。

 

善の部屋で・・・

少女こと、西条アヤメからなんとかスマホを取り戻した善。

アヤメは善の先輩である三年生で、しかも生徒会副会長。

文武両道で品行方正、さらには眉目秀麗ということで、いわゆる高嶺の花。

 

なぜそんな人が、と疑問に思う善。

しかし、スマホを返されてから、特にアヤメからの接触はなかった。

これで安堵できるかと思う善だが、悪癖の盗撮は再燃。

 

ストレスが溜まるとやってしまうようで、救いようがない子です。

そんなある日、自宅のマンションにたどり着いた善をアヤメが待ち構えていた。

再び善の醜態の画像を見せ付けながら、部屋に入れろと言うアヤメ。

 

仕方なく部屋に招き入れ、さらに縛られた善。

そんな善に、アヤメは善が盗撮した画像を印刷し紙を部屋中に貼り出す。

これが、善が行ってきた愚行の数々よ、と。

 

これを善の親が見たら、どう思うかしらと、笑うアヤメ。

自分の行いに改めて罪悪感を覚える善。

そして、自分の性癖を親に見てもらいなさいと言って部屋を去って行くアヤメ。

 

やめたくてもやめられないし、もう二度と行いたくもない。

言えない罪を抱えていることに限界が来ていた善は、そのまま親の帰宅を待つことにする。

これで、もう終わりにしようと、諦めにも似た感じです。

 

しかし、そこへ戻って来たアヤメ。

これで終わりなんて勿体ない、もっと善の奥底の本性が見たいと笑うのだ。

そして、縄を解かれてしまった善。

 

アヤメも帰り、実はバレなくて安堵している自分がいることに、自己嫌悪となる。

そんな思いのまま写真を剥がす善。

しかしそこへ、帰宅した母親が部屋のドアを開けてしまう。

 

もっと絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方。

ぜひ、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「罪と快」を読んだ感想総括

最初は、女子高生の緊縛師という部分にちょっと期待していたのですが。

普通に縛っていじめるのが好きという変態女子高生のように思えてしまいました。

緊縛師として、もっと何か普段からやっている設定はないのでしょうか。

 

普通の気弱な男子高校生をいじめて楽しんでいるだけ。

これなら善が、普段は人が羨むようなタイプだったら面白かったのに。

次巻からもっと凄い展開があるのでしょうか。

 

終盤、善の親にバレてしまうのか、という展開がありましたが、善くんはこれで終了?

もしかして、他のターゲットが出てくる感じなのでしょうか。

ここまでのところ、罪や快楽的な変態度合いとしては、ソフトかな、と。

 

ただただ善くんが盗撮という罪を犯しているだけです。

これからエスカレートしていくのでしょうか。

今回は1巻ということで、まだ状況や登場人物の説明な感じでした。

そのため、この先に大きな展開を期待したい作品です。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「罪と快」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。