「屍領域」ネタバレと感想!中古スマホから始まる恐怖の異形バトル漫画!

中古のスマートフォンを買ったことで生活が激変してしまった大学生・誠人

誠人の人生を変えてしまった海鈴

異色の血で争う異形バトルの物語をネタバレしていきます。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「屍領域」のネタバレ

誠人の殺害

イケメンで、女は向こうから寄ってくるものだと豪語する大学生・誠人。

そんな誠人は、壊れたスマホの代わりに、中古でスマホを購入。

しかし、そのスマホにはとある画像が収められていた。

 

それは、ある女の子の裸姿。

確実に最中だろうと予想できる乱れた姿の女の子。

誠人は、なぜかその姿に惹かれてしまった。

相手に苦労したことのないイケメンの恋というやつでしょう。

 

するとある日、誠人のアルバイト先であるレンタルビデオ屋に新人の子が。

それはなんと、あのスマホの画像の女の子でした。

名前は海鈴というらしく、画像とはギャップを感じるほど初々しい感じ。

 

妙に意識してしまう誠人は、店長にからかわれながらも浮ついてしまいます。

けれど、その夜、なぜか突然、誠人の自宅に現れた海鈴。

しかも、いきなり腕で誠人の体を貫いてくる。

顔には、青色の筋が。

 

その動きや姿はまるで化け物です。

海鈴にお腹の中を掻き回され、心臓を掴まれ、最期には首を引っこ抜かれる。

もう、いきなり怒涛の展開で驚きです。

 

一回は、夢オチのような展開になるのかと思いきや、海鈴ちゃんの冷静なツッコミ。

海鈴ちゃんに登場時とのギャップがありすぎです。

 

由美子が異形だった・・・

海鈴によって青色の血を飲まされた誠人。

夢じゃないのなら何故生きているのかと混乱する誠人。

どうやら、海鈴に飲まされた血の影響らしいのですが。

 

お陰で、海鈴の命令には体が勝手に従ってしまうという。

嘘じゃない証拠に、跪いて足を舐めろという命令をされてしまいます。

しかも、その光景を同じ大学の由美子に見られてしまいました。

 

すると、海鈴は新たな命令を下します。

その場で裸にひんむいて、やってしまいなさい、と。

反抗しようとする誠人ですが、結局は体が勝手に由美子の服を破ってしまう。

 

あわやこの場で、というところで海鈴は冷ややかに告げるのです。

勘違いしていないか、と。

そして海鈴は、誠人の体を操り、由美子の腕をへし折ります。

 

どうやら海鈴は、由美子を犯せ、ではなく、殺せと命令していたようで。

その後も腕や足をポキポキと折らせ、目玉をくり抜けと命令。

誠人くんも大概な目に遭いましたが、由美子も散々。

 

しかし、そこで由美子の体に異変が。

体から細い筋を放出し、まさに化け物という様相に。

しかも、その筋は次第に黄色くなっていったようで。

 

海鈴は告げます。

そうなったら最後、元には戻れない。

心臓を潰し、殺すしかない。

死ねば私達は灰になる、二度と蘇ることはないわ、と。

 

もっと絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方。

ぜひ、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「屍領域」を読んだ感想総括

最初は、エログロ系の作品なのかと思っていましたが。

基本的に、グロの方が強い物語でした。

今回は、本当に序盤も序盤。

 

誠人が海鈴によって誤殺され、その後、異形の仲間入りを果たすところまでです。

ただ、誠人の周りで異形の存在が当たり前になりつつある雰囲気でした。

由美子然り、輝彦然り。

 

海鈴は青色、由美子は黄色、その他にも緑が出てきました。

どうやら、それぞれに異形の者には色があるようで、争っているみたいです。

海鈴は、誠人のことを青の眷属、青の屍として蘇らせたのだと言っていました。

屍とは、特殊な血の力で変異した人間のことらしい。

 

なんとなくぼんやりとは分かりましたが、まだまだよく分からないことばかり。

何故、異色の血同士で争っているのか。

海鈴の心臓を奪ったのは誰なのか。

そもそも、異色の血を持つ者たちは何なのか。

 

おそらく、次回からそれが少しづつ判明していくのでしょう。

この先に、どんな物語が展開していくのか期待です。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。