「保険加入者に告ぐ。」各話のネタバレと感想!青年は血を売って少女のために働く

もしもの危険に対する備え、保険。

高い安全性を手に入れた現代社会。

 

そんな現代社会では、保険の重要性を疎かにする人々が増えてしまった。

この物語は、保険会社が、保険加入者たちへの警鐘を物理的に鳴らすという作品。

故意に仕組まれた危険と、人間の醜悪な本性があぶり出される物語をネタバレしていきます。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「保険加入者に告ぐ。」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「保険加入者に告ぐ。」各話のネタバレ

第一話「伊藤瞬」

会社員の伊藤瞬には、妊婦の妻と、幼い娘という家族がいた。

夫婦仲も良く、娘も健やか。

一見すると幸せな家族。

 

しかし、この伊藤瞬は、そんな平穏な日々からか、保険を解約しようと考えていた。

その理由はマンションのローンや養育費などの出費が増えたため、とのこと。

けれど、この伊藤瞬には裏の顔があった。

それは、会社の部下との不倫関係。

 

重荷の妻には出張だと偽り、不倫相手と豪華なホテルでの一夜。

出費を気にする不倫相手には、解約返戻金をあてにした発言をする始末。

さらには、いずれ妻とは別れるとも。

 

そしてその翌日、伊藤瞬は何食わぬ顔で街中を歩いていた。

そんな伊藤の姿を冷ややかに見据えるのは、ある青年。

その青年が見据えるその先では、伊藤瞬に突然の不慮が。

なぜか工事現場の足場が突然崩れ、伊藤瞬を直撃。

 

おかげで伊藤瞬は唐突に亡くなってしまう。

しかし、解約したはずの保険は継続しており、妻には保険機が支払われた。

涙を流す妻に、慰めの言葉をかけるのは、保険会社の女性。

 

そして、その女性が伊藤の家を出ると、歩み寄ってくる人物。

それは、伊藤瞬の死の現場を静かに見据えていた青年だった。

 

青年の名は、シッポ。

直属の上司である女性は、十景真矢。

世界を代表する外資系保険会社フェニックスホールディングスに所属する女性だ。

そして、この女性こそ、フェニックスの秘密の任務を請け負う人物。

 

それは、低迷する保険商品の需要回復。

そのための打開策として、事故を意図的に作り上げるというものだった。

 

第二話と第三話「里中雫」

田中雫は女子中学生。

写真部に所属しており、コンクールにも入選する腕前。

将来の夢はカメラマンになりたいと胸に秘める少女。

 

こんな未成年の少女がターゲットなのか。

シッポは気が引ける、と上司の十景に漏らす。

実は、シッポにはある特殊な能力があった。

それは、シッポの血に触れたものには、災難が訪れるというもの。

 

血の量によってその程度は変わる。

また、新鮮な血には即効性、時間が経ったものには遅効性という特性まであった。

そして今回のターゲットは女子中学生。

しかも、母親に虐待をされている少女だ。

 

娘の方ではなく、母親の方をターゲットにしようと言うシッポ。

けれど十景は、青臭い正義感を振りかざすな、同情は仕事の邪魔だと冷淡に返してくる。

冷淡に割り切れないくせに、シッポがフェニックスに加担している理由。

それは、子供時代、親もおらず虐められていたシッポを唯一助けてくれた女の子。

 

その女の子、ハルは、シッポの目の前で交通事故に遭った。

未だ昏睡状態のハルを生かすため、シッポはフェニックスに力を貸すのだ。

母親の虐待から逃れる勇気がない里中雫。

そんな雫の姿は、幼少時期の自分に重なって見えたシッポ。

 

雫の母親はギャンブルにハマり、借金まみれ。

雫に売春させて稼がせることも考え始めていた。

そればかりか、娘に保険をかけ、保険金目当てに自殺さえ促そうとする。

 

事故に遭わせるターゲットは雫であり、それは変えられない。

どうにか仕事を完遂させ、雫を救えないか。

シッポは雫に接触して救いの手を伸ばしながらも、自分の仕事を行うために血を流す。

シッポにしかできないやり方で雫を救うために。

 

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

第四話と第五話「渋谷昇」

今度のターゲットは、ネット商法で荒稼ぎをする渋谷昇。

言葉巧みに会員を増やし、金を巻き上げては借金地獄に落とす。

さらに、そこから救いの手を一度差し伸べて、さらに底辺へと突き落とす非道。

 

しかし、この渋谷は移動時には常に護衛が付き従い、なかなか接触はできない。

すると、それなら保険金を受け取る身内から攻めようと言う十景。

渋谷には、保険を組む際、受け取り相手である妻がいたのだ。

 

けれどこの妻は、幼い息子を抱え、渋谷から逃げ隠れて過ごしていた。

実はこの妻、渋谷と昔は一緒に仕事をしていたという。

しかし、詐欺商法で変わっていく渋谷に嫌気がさし、機密情報を盗んで逃げたのだ。

 

その機密情報というのは、詐欺商法で捕まらないために警察官僚へ渡した賄賂の情報。

そんな妻にうまいこと接触できたシッポ。

保険会社の営業マンとして信頼を得ていくうちに、渋谷からの接触が。

 

息子を人質に、機密情報を返せと脅す渋谷。

そこで油断を誘うべく、十景も潜入して罠を張ることに。

その罠は見事成功し、まんまと渋谷を一人おびき出すことができた。

 

シッポに十景、そして、無事に息子を取り返すことができた渋谷の妻。

自分が嵌められた事実を知った渋谷は逆上。

そんな渋谷に、改心してほしかっただけだと諭す妻。

 

どんなに酷い仕打ちをされても、妻は渋谷のことを想っていたのだ。

渋谷は、自分は間違っていたと言って妻を抱きしめる。

けれど、その手にはナイフが握られていた。

 

渋谷の妻の手前、静観していたシッポだったが、救いの要素がないと判断。

そして、シッポは躊躇なく盛大に自らの血を流し、渋谷へと手を伸ばす。

 

もっと絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方。

ぜひ、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

「保険加入者に告ぐ。」を読んだ感想総括

危険もない平穏の中で、安息に生きることができる現代。

もしもの備えである保険の重要性も薄れてしまうものです。

解約は相次ぎ、新規顧客を獲得することも難しい。

 

しかし、この作品に描かれているのは、そんな煽りを食らった保険会社の逆襲。

故意的に事故を起こし、危険にさらして保険の重要性を再認識してもらうわけです。

やっていることは酷いのですが、酷い扱いを受けているのがクズばかり。

 

なんでしょうか、同情できない上に、ちょっとスカッとしてしまう。

シッポくんが、本当に普通の青年だからでしょうか。

自身の血で、他者への災難を引き起こすことができるという以外、本当に普通。

 

痛みも辛さも普通に感じることができる青年なのです。

ただ、なぜシッポくんにそんな能力があるのかは不明。

さらにいえば、なぜ十景さんの下で働くようになったのかも未だ謎。

これからその点が明らかになっていくのでしょうか。

 

物語の設定も展開も今までにない斬新なものです。

まさか保険会社の逆襲とは。

表題は、まさしく、といえます。

 

しかし、今回はまだまだ序盤と言えるような雰囲気の一巻でした。

これからシッポくんや十景さん、ハルちゃんがどうなっていくのか。

これから期待ができる作品です。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「保険加入者に告ぐ。」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。