「パピィラバーズ」ネタバレと感想!おねしょた好きはぜひ試し読みを

「パピィラバーズ」のネタバレです。

有名作家の人なので、作品の安定感はバツグンですよ。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「パピィラバーズ」無料試し読みへ(スマホ版

BookLive「パピィラバーズ」無料試し読みへ(PC版

「パピィラバーズ」のネタバレ

おねしょたものなのですが、時折お姉さんがドキッとさせられるのが見どころです。

お姉さんである絵理が、13歳の奏太を誘惑していくお話です。

誘惑といっても、イヤラシイことを実際にするわけではなく、お預け状態。

 

例えば、最初であれば薄着の姿で奏太くんを誘います。

誘うのですが、誘い方は胸を寄せて上げたり、髪をかき上げてみたり。

つまり、色仕掛けといっても大人には全く効き目が薄いものばかり。

 

それでも、悲しいかな。

思春期の入り口に迷い込んだ13歳ともなれば、こういう仕草に目が泳ぎます。

右へ左へ奏太くんは大慌て。

もう、チラ見チラ見のオンパレード。

 

そして、その視線を絵理も気持ちよく感じてしまうんですよね。

他でやらないのは、痴女じゃないからです。

あくまでも同居しにきた少年をからかうのが楽しい、だけです。

 

でも、ある日の夕方に奏太の演奏をたまたま耳にし、バイオリンを奏でる奏太の姿にドキッとしていまうんですよね。

13歳というあどけない年齢ですが、徐々に大人な一面を覗かせる。

そんな一面に戸惑いながらも、日常の中で奏太を誘惑してくお話です。

 

ジャンルとしては、寸止めラブコメですね。

いつも、いつも良い部分でおあずけっ!という感じ。

そういうのが好きであれば、読んでみると楽しめるでしょう。

まんが王国「パピィラバーズ」を読む(スマホ版

BookLive「パピィラバーズ」を読む(PC版

感想について

「ナナとカオル」の方が忙しくなったのであろうな、という感じです。

その前にも同作者のは、年上の彼女とかを読んでいましたので、作品内容の安定感はバツグン。

 

惜しむらくは1話毎の内容に厚い・薄いという差があるくらいですね。

いやー、しかし13歳の子供からみたら20歳は大人ですもんね。

そりゃ、色々と「たまらん!」と思いますし、良からぬことも頭の中で描かれます。

確実に作者の過去も少し反映されている内容です。

 

私が奏太の立場だとしたら、もう色々とブレーキが効かなかったでしょうね。

多分、私と同じ意見の人が多数だと思います。

なぜ、私の人生にはこういう美味しいシーンが無かったのだろうか。

そこが悔やまれます。

まとめ

巻数は全3巻。

コンパクトにまとまっているので、休日にでも暇つぶしに手に取るといいかもしれません。

男性でしたら懐かしい思春期の思い出が、女性であれば思春期の男子の考えを改めて知ることができるでしょう。

 

同作者の他作品は、こちらからどうぞ。

「三十路おとめとモテはたち」ネタバレと感想

「ハッピーネガティブマリッジ」最終回のネタバレ

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「パピィラバーズ」を読む(スマホ版

BookLive「パピィラバーズ」を読む(PC版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です