青年漫画

「何もないけど空は青い」ネタバレと感想!最終巻は打ち切りだったのか

「何もないけど空は青い」のネタバレです。

感想や最終巻の打ち切りなどについて触れてみました。

[AD1]

20018879_BookLiveコミック【TL】指先から本気の熱情~チャラ男消防士はまっすぐな目で私を抱いた~※スマホ専用

「何もないけど空は青い」のネタバレ

地球を直撃する可能性のあった巨大隕石。

地球から軌道はそれたものの、地球に塵をまき散らし通過して行きました。

衝突は避けられたが、隕石が地球にまき散らした膨大な塵には得体のしれない未知のバクテリアが潜んでいたのです・・・。

 

そのバクテリアは鉄、金属を分解してしまうという性質を持つ。

さらに、バクテリアは、驚異的なスピードで増殖し、地球上のありとあらゆる鉄、金属を分解し崩壊させてしまうのです。

地球の文明は鉄、金属によって支えられているものが数多くあり、人類は文明崩壊の危機にさらされてしまいます。

 

ある地方都市に住む男子高校生、河上仁吉(かわかみ じんきち)と友人の新太郎。

仁吉は剣道の全国大会に出場するほどの腕前ですが文明が崩壊しつつある状況で自分の未来に行き詰まります。

これからはモラルではなく暴力が支配する世の中になるのでは?と不安を感じているのです。

 

そんな仁吉がひそかに想いを寄せるのが同級生で弓道部のエース、七ノ宮華羅(しちのみや から)。

治安の悪化、食糧危機、皆が絶望し、未来に希望の持てない世の中で2人が選ぶ未来は?

生きる意味を2人は見出すことが出来るのでしょうか?

 

2人が選んだ結論をぜひあなたの目で確かめてみてください!

[AD2]

感想

隕石が地球に衝突するってありえない話ではないですよねー!

隕石衝突をテーマにした映画も数多くありますし、バクテリアによって鉄や金属がなくなってしまうのも、宇宙人がどうのっていう話ではないのでリアリティがあると感じました!

 

今自分たちの世界で鉄や金属が無くなったら本当に絶望します・・。

モラルやルールも無意味になってしまい、強いものが生き残るという風になってしまうのでしょうね。

今までの常識が通用しなくなった時、私は生き残っていく自信がないな・・と、とても弱気になってしまいした。

 

もしも、こんな世界になってしまったらどうする?と自分なりにシュミレーションする良い教材になるかもしれません!

テーマは重いのに時折登場人物のセリフにユーモアがあり、面白いなと思っていたのですが、原作者の名前を見て納得しました。

 

「今日から俺は!」の西森博之さんが原作者だったんですねー。

「今日から俺は!」はストーリーもですがセリフが面白くてよく読んでいたので、懐かしさもありましたよ!

あの漫画も楽しかったですよね~。

 

 

まとめ

設定もキャラクターも魅力的だったのですが何も解決していないのに最終巻になってしまったのは少し驚きました。

しかし、ラストは私個人にとってハッピーだったので、これはこれでまとまって良かったのかなー、と感じました。

 

[AD1]

 

同作者の他作品は、こちらからどうぞ。

「天使な小生意気」最終回のネタバレについて

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。
20018844_BookLiveコミック【TL】長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏※スマホ専用