最新話のネタバレ

【まいりました、先輩:27話】最新話のネタバレ|2人が作り出すオリジナルルール

「まいりました、先輩:26話」の続きが気になって仕方ないあなたへ、デザート2019年7月号27話のネタバレと感想をお伝えしていきます。

あなたが今すぐ画バレが読みたい!というのなら、U-NEXT無料登録の特典でもらえるポイントを使えば「デザート2019年7月号」が無料で読めるためおすすめです!

▼31日間無料&600ポイントで読む▼

【デザート2019年7月号】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む!

【まいりました、先輩:27話】最新話のネタバレ

金髪に染めた水川先輩の朝は7時半ごろに始まります。

眠い目をこすりながらダイニングに向かうと、キッチンの陰からお母さんから早く髪染めなさいと釘を刺されます。

弟には虫取りに行こうと催促されますが、水川先輩は学校の自習室へ向かいます。

 

先生「成績悪くて頭も金髪ならぶっとばすよー!」

模試の結果を差し出した水川先輩に先生は、おどけながら成績表を確認します。

先生と一緒に入ってきた井上先輩に金髪の評判を聞かれ、人生初の職質をされたとうんざり気味の水川先輩でした。

 

井上先輩につれられて食堂へ行った水川先輩は、そこでも金髪姿が話題にされます。

散々いじられる水川先輩ですが、井上先輩がフォローを入れます。

井上先輩「この髪は水川の気合の表れなんだよ」

 

彼女も勉強も器用に両立で頑張るための気合なんだと説明します。

その言葉にムッとする檜口先輩に気づき、井上先輩はちょっと焦っていました

そして、部活と勉強を両立させていたサッカー部のフォローに終始します。

 

イラつく檜口先輩

檜口先輩「両立ってなんだよ 余裕かよ」

グラウンドで他の部員がボールを蹴って遊んでいるところに、職員室から戻ってきた水川先輩が来ます。

部員と1対1で勝負して水川先輩が勝ち、檜口先輩に助けを求めます。

 

元サッカー部の水川先輩に不敵な視線を向け勝負を挑む檜口ですが、元ゴールキーパーだったことを告げられ、あっさり断られてしまいました。

その後水川先輩は予備校へ向かいますが、話がしたいと檜口先輩はあとを追います。

追いついた先で見たのは、夕陽の写メを撮り、返信に対して可愛い笑顔を浮かべる水川先輩の姿でした。

 

打ちのめされた檜口先輩は素通りしようとしますが、水川先輩が気がついて声をかけます。

軽口で金髪が似合ってないと言いつつ、行き過ぎようとする檜口先輩ですが、ふと足を止めます。

檜口先輩「それ、彼女と話し合った?」

 

先ほど井上先輩が言っていた「両立」についてそうコメントします。

あんまり会えないとは伝えてあると言う水川先輩に、余計なお節介だったと謝り別れる檜口先輩。

そのことについて水川先輩は予備校の授業中に反芻します。

水口先輩「心から気にかけてる奴から出る言葉かもなあ」

 

少しづつ成長する二人

バイトの帰り道にサプライズで表れた水川先輩に大喜びする世理奈ですが、水川先輩に話があると言われ不安になります。

水川先輩「実は成績がすげえあがってて」

先生達との話し合いで目標を上げようと言われ、自分も挑戦しないとと思っているが、それでは会える時間がもっと減ってしまうだろうと伝えます。

 

世理奈に納得してもらうためにとことん話し合いに来たと言い、意見を聞きます。

言葉を選びつつ、これ以上会えなくなったらどうなるかなんてわからないし、どうすればいいかなんてまだわからないと世理奈は言います。

でも、バイトでも仕事を認められ、部活も充実していたことを次に会えた時に話題にできるようにと思っていたことを告げます。

 

まっすぐな笑顔で世理奈はきっと先輩となら大丈夫と言い、水川先輩は彼女の手を取ります。

世理奈「たまには・・・さみしいって言わせてね」

慣れてしまって寂しくならないほうが悲しいから、と言う世理奈を抱きしめる水川先輩でした。

結局その後2時間話し合ってできたルールは「体に気をつける」と言うだけでした。

Sponsored Link



今すぐ他作品も画バレで読めるなら読みたいですよね?

U-NEXTは登録時に31日間無料+600円分のポイントプレゼントキャンペーンがあります。

それを使えばデザート2019年7月号or好きな単行本1冊が無料で読めます。

さらに話題の最新アニメ作品等も見放題で最新話を配信中です。

ぜひ、こちらで無料登録して存分にお楽しみください。

U-NEXTを使って無料で読む

【デザート2019年7月号】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む!

感想

こんなに気を使うことのできる檜口先輩がかわいくてしょうがないです。

世理奈も水川先輩に感化され、少しずつ大人になっていき、水川先輩は自らの目標を上げてチャレンジをすることに。

高校生の夏休みで大人になっていく段階が甘酸っぱくてくすぐったい、でもほっこりとするエピソードでした。