最終回・結末

「8か月の天使」ネタバレと感想!無料試し読み可能サイトも紹介

「8か月の天使 はじめてママになれた日」のネタバレです。

出産について再度考えさせられる内容になっています。

[AD1]

「8か月の天使 はじめてママになれた日」のネタバレ

物語は、2人目の子供を妊娠した所から始まります。

家族には1人娘もいて、これからさらに賑やかになる、と楽しくなっていました。

また、丁度友達に話をしたら、その友達も妊娠しており、お互いに心強い仲間が出来ます。

 

一方、妊娠自体は2回目ということもあり、余裕を持っていたため仕事も続けます。

もう1人増える前に娘との最後の3人での思い出も、ということで旅行と安産祈願もしてきました。

妊娠初期に起こりやすい体調の変化も無く、無事に安定期と言われる状態に落ち着き、性別も判明。

 

性別は、男の子でした。

性別のことを義母に報告すると、義母も大喜び!

跡継ぎが~ということで、世の中どの世帯も変わらないんだな、という印象です。

 

しかし、若干不安な要素もあります。

1人娘の反応は、普段こそ喜んでいるものの、ふとした時に不安定になるのです。

それは、まだ甘えたい盛の3,4歳時ですから当然です。

 

他の子供が偶然にも、母親に抱っこしてもらうところを見かけてしまいました。

そのせいで、甘えたい欲求がフツフツと湧き上がってきたのです。

それと同時に、8ヶ月目のある日に母親の体調も変化して・・・。

 

話の内容は、タイトルが示している通りの結末が待ち受けています。

それでも、読みたいと思う方は、ぜひ目を通してみてください。

[AD2]

読んだ感想について

妊娠も出産も安全だ、と言われて久しい世の中です。

でも、実際の現状はこの漫画の通りだと思います。

 

そう簡単に上手く行く人は、全体で見ればかなり少ないのではないか、と。

他の人は、大なり小なり母子ともに危険な状態になってしまうのではないか。

そんなことを再度思い知らしてくれました。

まとめ

正直、ネタバレや感想をダラダラと書き続けるよりも、試し読みからでも読んでもらった方が理解しやすいです。

多くを語る必要がないというのは、この事なのかもしれませんね。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。