少年漫画

【ボクラノキセキ:87話】最新話のネタバレ|広木と七浦の記憶

【ボクラノキセキ:第86話】の続きが気になるあなたへ、月刊月刊コミックZERO-SUM2019年7月号第87話のネタバレと感想をお伝えします。

あなたが今すぐ画バレが読みたい!というのなら、U-NEXT無料登録の特典でもらえるポイントを使えば「月刊コミックZERO-SUM2019年7月号」が無料で読めるためおすすめです!

▼31日間無料&600ポイントで読む▼

【月刊コミックZERO-SUM2019年7月号】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む!

【ボクラノキセキ:87話】最新話のネタバレ

目の前で倒れるアシュレイ。

七浦の記憶はここまで。

七浦はコットン・オルヴェはかつてゼレストリアを裏切って、リュカを手伝い開城したことがわかった。

 

しかし、実行した記憶がなく。

でも嘘だと言い返せなかった。

コットンはリュカ側についたという確信めいた直感だった。

 

現世では全員が集まり、この中には神官の魔法を使えるものはいなかったと聞かされる。

手嶋野を襲ったのは、神官の魔法。だが、ここにいる者は神官ではなかった。

犯人は外部の者という可能性が高まりました。

しかし、断言しないことから、仁科を一番に疑っていると暗に言っているようなものでした。

 

広木と七浦の記憶

仁科が口走ったアリファド家の件につて聞くために、七瀬が広木を話があると呼び出しました。

七浦の質問に広木は自分は今までバルトのふりをしていて、実はグレンだったと真実を話しました。

そしてバルトはいないことが判明。

 

グレンはステラ・シュライバーとソーントン・アリファルドの息子。

鮮血のタンクだったステラをクリストファ・ベルバニアが救ったのは、事実でソーントンが外道。

そしてグレンが内通者というのは100%嘘。

 

ここからは広木の推測だが、ソーントンの小細工でグレンを無傷で身体だけでなく、名実共に跡継ぎとして連れ戻そうとしたのではないか。

広木は七浦が何かを隠していることに勘づきます。

七浦「コットンはゼストリアを裏切った‥‥」

 

コットンは、黒幕に協力しろと脅迫され、黒幕の手を取った。

黒幕にコットンは開城の手助けをしたと言われたが、七浦にはその記憶がなかった。

記憶はないが、裏切った確信はあった。

 

コットンは、モースヴィーグ軍が攻めてくるのを知っていた。

リュカに「城は絶対に落ちる」と言われたことは七浦も覚えていた。

そしてリュカはグレンもこちら側だと言い、それが決定打だった。

 

七浦は、自分は生き永らえる事や、武勲などにしか眼中になかったことに対して、広木はかかえているものが大きかった。

七浦「お前のせいだって言ってるわけじゃねぇ!お前に責任はひとつもねぇ!!」

広木はグレンのせいじゃないと言われても、気にしていた。

 

城への襲撃の計画はドルゲルグが立てた。

奴は、リュカを使ってグレンを始末しようとしていた。

そもそもコットン達が城への任命をされたのは士官学校でグレンと友達だったから‥。

 

その頃から、ドルゲルグの中に計画があったとしたら「いずれ死ぬ誰でもいい騎士見習い」としては最適だった。

広木は、コットン達が死んだのは自分のせいだと、七浦い謝罪しました。

広木は泣きながら、コットン、シスモンド、オーブリー、バルトに謝りました。

その涙を見た七浦は、この先ずっと広木の味方でいるとバルトに誓うのでした。

Sponsored Link



今すぐ他作品も画バレで読めるなら読みたいですよね?

U-NEXTは登録時に31日間無料+600円分のポイントプレゼントキャンペーンがあります。

それを使えば月刊コミックZERO-SUM2019年7月号or好きな単行本1冊が無料で読めます。

さらに話題の最新アニメ作品等も見放題で最新話を配信中です。

ぜひ、こちらで無料登録して存分にお楽しみください。

U-NEXTを使って無料で読む

【月刊コミックZERO-SUM2019年7月号】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む!