ヒューマンドラマ

「闇の小箱」あらすじとネタバレ!感想と無料試し読みも紹介

「闇の小箱」のあらすじとネタバレです。

感想については、まず怖いです、ハイ。

[AD1]

20018879_BookLiveコミック【TL】指先から本気の熱情~チャラ男消防士はまっすぐな目で私を抱いた~※スマホ専用

「闇の小箱」のあらすじ

話の中心にあるのは一つの小さな箱。

青年が管理している、というのが明言され「闇の世界に捕らわれた人たちの魂を引きよせる」と言っています。

そして、箱が次の犠牲者(ターゲット)を決めた・・・とも。

ネタバレについて

ある女の子たちがトイレの掃除をしていました。

そのトイレには、1つだけ「使用禁止」という張り紙が貼ってある場所だったのです。

うわさ話によると、「使用禁止」のトイレでは、何故か死人がたくさん出る。

 

なんていう話が蔓延していたからでした。

最近、転向してきた女の子はバカバカしい話だ、と切り捨てて場を和ませます。

その日の帰りに、彼女は忘れ物をしてしまいトイレに戻ることに。

 

そこで、異様な感じを受けたのです。

なぜか使用禁止とされていたトイレが開いていた。

扉の部分には鍵が確かに閉められ、厳重に閉じられていたはずなのに。

 

何かに吸い寄せられるように中に入り、便器に座ります。

とはいえ、何も起きる気配はしません。

個室トイレから出ようとした時に、足元に見えたもの。

 

それは、髪でした。

あり得るわけがないです。

だって、扉には厳重に鍵が施され、中には誰か入った形跡も無かったのですから。

 

女の子は早く出ようとしたのですが、外には再度鍵が掛かっています。

同時に、ひとりでに便器の水がザァーと流れ始めました。

さらに、誰かに見られた感じ。

 

偶然だと言い切るも、目の前には「たすけて」と血塗られて文字が出現。

そして、振り返ると・・・!!!?

 

開けてはイケナイ箱を開けた末路。

彼ら・彼女らの結末に関しては、あなた自身で目を通して確かめてみてください。

[AD2]

感想について

怖いのが苦手な人、絶対に読まないようにしましょう!

絵柄が90年代によく見られた感じで、よりホラーっぽさが増しています。

 

いやー、正直読んでて怖くなりましたね。

いい年してますが、怖いものは怖いんですって。

 

結構、こういう怖い話って小学生時代によくあったなーなんて思い返しました。

私の時代では、トイレの花子さんとか色々朝の時間にやっていましたし。

確か、あれはアニメだった・・・かな?

そういうのを思い出しつつ読んでいました。

 

絵柄に関して言うと、目ヂカラっていうんですかね。

目の書き方が個人的にすごく好きで、目のみを用いた書き方が上手いと感じました。

最初のトイレの話のもそうだし、目のアップが結構使われていて、それがより怖さを増させた感じでしたね。

まとめ

怖いのがダメな人は、寝る前に読まないでくださいねっ!

私は、寝る前に読んでしまってトイレに行くのが怖くなりました。

子供じゃないんですけれどねぇ・・・。

くれぐれも注意して下さい。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。
20018844_BookLiveコミック【TL】長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏※スマホ専用