「闇の小箱」あらすじとネタバレ!感想と無料試し読みも紹介

「闇の小箱」のあらすじとネタバレです。

感想については、まず怖いです、ハイ。

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

「闇の小箱」のあらすじ

話の中心にあるのは一つの小さな箱。

青年が管理している、というのが明言され「闇の世界に捕らわれた人たちの魂を引きよせる」と言っています。

そして、箱が次の犠牲者(ターゲット)を決めた・・・とも。

ネタバレについて

ある女の子たちがトイレの掃除をしていました。

そのトイレには、1つだけ「使用禁止」という張り紙が貼ってある場所だったのです。

うわさ話によると、「使用禁止」のトイレでは、何故か死人がたくさん出る。

 

なんていう話が蔓延していたからでした。

最近、転向してきた女の子はバカバカしい話だ、と切り捨てて場を和ませます。

その日の帰りに、彼女は忘れ物をしてしまいトイレに戻ることに。

 

そこで、異様な感じを受けたのです。

なぜか使用禁止とされていたトイレが開いていた。

扉の部分には鍵が確かに閉められ、厳重に閉じられていたはずなのに。

 

何かに吸い寄せられるように中に入り、便器に座ります。

とはいえ、何も起きる気配はしません。

個室トイレから出ようとした時に、足元に見えたもの。

 

それは、髪でした。

あり得るわけがないです。

だって、扉には厳重に鍵が施され、中には誰か入った形跡も無かったのですから。

 

女の子は早く出ようとしたのですが、外には再度鍵が掛かっています。

同時に、ひとりでに便器の水がザァーと流れ始めました。

さらに、誰かに見られた感じ。

 

偶然だと言い切るも、目の前には「たすけて」と血塗られて文字が出現。

そして、振り返ると・・・!!!?

 

開けてはイケナイ箱を開けた末路。

彼ら・彼女らの結末に関しては、あなた自身で目を通して確かめてみてください。

eBookJapanでたくさんの無料マンガを読んでみるならコチラ!(スマホ・PC共通)

感想について

怖いのが苦手な人、絶対に読まないようにしましょう!

絵柄が90年代によく見られた感じで、よりホラーっぽさが増しています。

 

いやー、正直読んでて怖くなりましたね。

いい年してますが、怖いものは怖いんですって。

 

結構、こういう怖い話って小学生時代によくあったなーなんて思い返しました。

私の時代では、トイレの花子さんとか色々朝の時間にやっていましたし。

確か、あれはアニメだった・・・かな?

そういうのを思い出しつつ読んでいました。

 

絵柄に関して言うと、目ヂカラっていうんですかね。

目の書き方が個人的にすごく好きで、目のみを用いた書き方が上手いと感じました。

最初のトイレの話のもそうだし、目のアップが結構使われていて、それがより怖さを増させた感じでしたね。

まとめ

怖いのがダメな人は、寝る前に読まないでくださいねっ!

私は、寝る前に読んでしまってトイレに行くのが怖くなりました。

子供じゃないんですけれどねぇ・・・。

くれぐれも注意して下さい。

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です