「ふたりとひとりの恋愛攻略」ネタバレ!1巻の感想と試し読みを紹介

「ふたりとひとりの恋愛攻略」のネタバレです。

1巻を読でいる感想もあります。

 

2巻については、こちらからどうぞ。

「ふたりとひとりの恋愛攻略」2巻のネタバレと感想

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

「ふたりとひとりの恋愛攻略」のネタバレ

一軒家の屋根の下、1人の男と3人の女性が住んでいます。

男の稔は、そろそろ身のふりをどうするか迷っていたのです。

理由は、父親が1ヶ月前に事故で他界してしまった、という理由だけではありません。

 

なぜなら、3人の女性のうちの1人は父親の再婚相手で、残る2人は同い年の義理の姉妹。

どう考えても男の楽園としか思えない状況だったからです。

稔も理性が残っていますので、血の繋がりの無い自分がいるのも、と考えていました。

 

さて、父親の死によって遺産相続があることをすっかり忘れていました。

遺産相続の額は、稔がびっくりするほどの額だった模様。

そして、稔と母親のやり取りを聞いていた娘の柚子と真柚の2人は何やら企み始めました。

その晩に、2人が稔の部屋に押し入ってきてっ・・・・!?

 

男の楽園ですが、稔の心境を考えるとかなり大変です。

どう大変なのかは、ぜひ本編に目を通してみると心境を伺えます。

eBookJapanでたくさんの無料マンガを読んでみるならコチラ!(スマホ・PC共通)

1巻の感想について

前よりも線がハッキリして、可愛い女の子がより魅力的になった

なんて思ってしまいました。

実は前にいくつか作品を読んでいた人です。

前は、かなりラフっぽい線でしたので、かなり進歩していますね。

 

本編の感想に移りますが。

羨ましい反面、大変ですよね、と。

主に理性と下半身的な意味ですけれど。

 

並の男であれば、理性はとうに吹っ飛んでいると思います。

「義理」だったらいいだろ、と考えちゃいますよね。

義理だし、義理だもん、ありですよ。

 

作中の義母と姉妹の2人の誰が良いか、という点だと真柚が一番と思いましたね。

所々で顔を出してくる黒さが好きでした。

 

余談になりますが、稔くんは沢山の開発をされてしまいます。

攻められるのが好きな人は、気に入ると思いますよっ!

 

まとめ

ガッツリ、というよりはシチュエーション型の漫画です。

また、成人向け一歩手前なため、そこまでハードでもありません。

とはいえ、外で読むのは注意が必要なので気を付けましょうね!

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です