最終回・結末

「女衒夜話」ネタバレと結末について!男臭い雰囲気が最高すぎる

「女衒夜話」のネタバレです。

読んだ感想についてもあります。

[AD1]

「女衒夜話」のネタバレ

時代は、戦争に負けて何もかもを失った時代。

女を売る仕事をしているキリオ。

彼は、今日も女を売って金を手に入れていた。

 

キリオは行きつけのバーでボーイのシロを女だと見抜いて連れ帰る。

シロはせっかくの仕事にありついたのに、パーにされてしまいます。

そして、キリオに聞かれたため、自らの出生をつらつらと語っていくのです。

 

彼女には、過去がありません。

覚えているのは、焼け跡に1人で立っていたことだけ。

男と偽ったのは、仕事にありつきたかったから。

 

シロの話を聞いて、キリオは女としてシロを育て上げることを決意しました。

記憶は無いながらも日常生活も行え、文字も読めるシロ。

また、彼女はもう1つの能力があり、なぜか指圧も上手かったのでした。

 

そして、時が経ちシロもキリオが売れると思えるくらいに美しく成長。

シロの美しさと指圧に金持ちの老人が目をつけました。

シロを育てたキリオ、シロを拾った場末のマスター。

2人の男と、1人の女の数奇な運命が徐々に回り始めたのでした。

 

女性の物語でありますが、男臭い。

この臭いは、ぜひ本編に目を通して味わってみてください。

[AD2]

結末についてと読んだ感想

1人の女を守れるようになりたかった男。

後悔という感情を知ってしまった男。

そして、生き残り逞しく行きざる得ない女。

それが結末です。

 

さて、感想に移りましょう。

とにかく男臭いストーリーが素晴らしい

これが少女・女性漫画の範疇であることに驚きます。

ジャンル間違えてないか、と思っても大丈夫。

合っています。

 

キリオと裕也(バーのマスター)の関係は、まさに男の絆であり宿命的とも言えるものでしょう。

男というのはなんてロマンチストなんだろう、と思うことでしょう。

そして、きっと生まれた時代さえ違い、職業も後ろ暗いものでなければ、彼ら2人は生涯の友になり得た。

 

このように思わずにいられません。

読み終わったあとに、私の心の中には悲しみと同時に快感にも近い感情が得られました。

もちろん、この作品の結末は辛いのですが、それでもなお素晴らしいと感じさせられたのです。

良き作品に出会えて本当に良かったです。

 

同作者の他の作品は、こちらからどうぞ。

「ワーキンガールH。」ネタバレと感想

「アリエナイ月曜日」ネタバレと感想

まとめ

感想で熱く語りましたが、読んで損をしない作品でした。

男の物語が好きな人は、確実に虜になるでしょうね。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。