「辺獄のシュヴェスタ」あらすじとネタバレ!魔女狩りを描く傑作!

「辺獄のシュヴェスタ」のあらすじとネタバレです。

読んでいる感想も載せてあります。

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

「辺獄のシュヴェスタ」のあらすじ

物語は1500年代、16世紀のヨーロッパで、よく中世と呼ばれる時代です。

この時代には、知識を持つ女性を「魔女」として扱うことがあり、度々魔女狩りが行われていた。

そして、主人公であるエラも・・・また、魔女狩りのターゲットとされてしまうのだった。

 

ネタバレについて

貧しい村にいたエラは、その賢さから売られてしまうのでした。

売られたエラは、機転の良さから自分の錠が木で出来ていることに感づき、燃やして逃走。

逃げ延びた先で、後に養母となる女性であるアンゲーリカに拾われ、一時の安らぎを得るのでした。

 

しかし、この時間も長くは続かなかったのです。

エラとアンゲーリカの前に立ちふさがったのは、ヴィルケという神父。

アンゲーリカを魔女として捕えに来たのでした。

 

悲惨な拷問の果て、締首刑に処せられ、燃やされたアンゲーリカ。

養母を殺されたエラは、この時に復讐を決意。

 

同時に、魔女の娘として収監される「クラウストルム修道院」に連れて行かれます。

「クラウストルム修道院」では3年間の時間があります。

3年後に、魔女の子ではないと認められたら助修士として働けることになるのです。

 

そして、その3年後の瞬間。

この時こそ、エラの復讐の最大のチャンスとなる場所。

エラと親玉であるエーデルガルトのどちらが生き残るのか。

壮絶な復讐が、今幕が上がったのでした。

 

過激な内容のオンパレードですが、思わず読み進めてしまいます。

ぜひ、本編に目を通してみてください。

eBookJapanでたくさんの無料マンガを読んでみるならコチラ!(スマホ・PC共通)

読んでいる感想

もう、エラの人物像に惚れ惚れします。

まず、表情が良いんですよね。

危害を加えた者にには、地の果てまで追ってでも殺してやる、という凄みのある表情。

 

それが何度も作中で提示され、回を追う毎に苛烈さを増していくんですよ。

例えるならば、ジョジョ6部の主人公である除倫です。

 

ちなみに、作中では子供だろうが大人だろうが、バンバン死んでいきます。

モブなんか数ページで死んでいることもザラです。

なので、こういう残虐的なシーンに耐えられないのであれば、あまり読まないほうが良いでしょう。

 

この辺りは、同じ子供の過激な戦争を取り扱った「乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ」にも通じる話ですね。

「乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ」あらすじとネタバレ

まとめ

実は「辺獄のシュヴェスタ」を描いている作者って新人さんなんですよ。

あり得ないですよね、あの絵のタッチで。

凄すぎ。

 

どうも、漫画業界の同業者の人たちからも評判が良いらしいですね。

これだけの物を描くんですから、注目されるわけです。

そのうち、「このマンガがすごい!」の年間でランクインするのは確実でしょう。

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です