「クイズのおっさん」あらすじと原作ネタバレ!結末のオチとは

世にも奇妙な物語で放映される「クイズのおっさん」のあらすじと原作の「おっさんの宴」のネタバレです。

原作のオチについても触れています。

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

「クイズのおっさん」のあらすじ

主人公の古賀は刺激のない毎日に嫌気を際しており、少しだけほんの少しだけ変化がほしいと願っていました。

そこで、あるクイズ番組に出演したことがきっかけで、おかしいことに巻き込まれる。

 

その理由は、彼が手にした優勝賞金「100万円」ともう一つの商品。

クイズ1年分」というものからだった。

 

しかも出題してくるのは、おっさん。

刺激的だが、なんとも言えない奇妙な日々を古賀は送ることとなるのだった。

原作である「おっさんの宴会」のネタバレ

原作では、実は賞金10万円というちっちゃい金額だったりします。

そして、このクイズのおっさんは突如朝からピンポーンとインターホンを鳴らしてやってくるのです。

このクイズのおっさん、答えて正解すると即座に次のクイズを延々と出題していきます。

 

流石に、そのせいでやってられないと思う古賀ですが、今日の気温は凍えるくらい寒い日。

まさか・・・と思ったら外におっさんが縮こまっていたのです。

仕方なく家に上げる事にした古賀は、おっさんとの共同生活を開始。

 

なお、会話の方法は全てクイズ。

例えば「江戸時代の~という弁当の名前は?」⇒「幕の内弁当ね」というような形。

よくこれで、生活が成り立つなぁ・・・と感心させられてしまいます。

 

そして、こんなことも。

ある日、古賀が仕事で凹んでクイズを答えられないことがありました。

そこで、クイズのおっさんはオリバーゴールドスミスの名言に続く言葉の続きを出題。

 

彼なりの慰めだと感じ、古賀は応えるのです。

倒れても倒れても立ち上がることである。」と。

良い友情を育んでいる2人。

 

しかし、ついに別れの時がやってきました。

クイズのおっさんがスペイン語で、中国語で、とそれぞれの言葉の意味を言います。

続く言葉は、一緒に遊んだりする人のことを何というか、というクイズ。

 

古賀は、真正面に座っており少し泣きそうになりながら自信を持って答えました。

友達」と。

結末のオチについて

楽しい結末を過ごした古賀は、また新たな優勝者をテレビで見ていました。

そこで、古賀は急に心臓を掴まれたような感覚に襲われます。

 

まるで小学生が何かに恋をしたかのような錯覚に陥っていたのです。

さぁ、その答えはっ!?

というのが結末のオチです。

 

そして、実はその1ページ先に少しだけおまけのページがあります。

ぜひ、そのページは本編を読んで確かめてみてください。

ちなみに収録されている巻数は3巻です。

eBookJapanでたくさんの無料マンガを読んでみるならコチラ!(スマホ・PC共通)

まとめ

これは、確かに「8はち」の中で一番「世にも奇妙な物語」に向いているな、と思った作品です。

いきなりこんなおっさんに来られたら、そりゃ困りますよねぇ。

 

でも、何だかんだでいい関係になっていくのは、心が温まります。

こういう出会もありかもね、と思えるようなね。

 

いい話とくだらない話が沢山本作には詰まっていますよ!

ぜひ、手にとってみてくださいね。

 

その他の話や感想に関しては、こちらからどうぞ。

「8はち」についての紹介とレビュー

「8はち」ネタバレと全体の感想

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です