「りんたとさじ」ネタバレと感想!日常に潜むホラーを描いた作品

「りんたとさじ」のネタバレです。

感想も載せてあります。

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

「りんたとさじ」のネタバレ

佐藤順子(通称:サジ)とリン太という2人の大学生カップルが日常に隠れたホラーを体験するお話です。

彼氏のリン太は霊関係のアルバイトをしているようなので、その影響から仕方なくサジも足を踏み込むこととなります。

実態は、「浮気疑惑」が最初に出ていたっていうのもあるでしょうけれど。

 

サジはリン太と付き合うことで、霊関係に詳しくなっていきます。

詳しくと言うよりは、「感じ取れる」と言った方が良いかもしれませんね。

「見える」ようになっちゃうんですよね、サジも。

 

本編の話に移ると、最初に出てくる先輩の奥さんのメチャクチャ怖いですよ。

日常にある恐怖を描いているため、実は・・・というオチ。

途中まで読むと「んん?」と思うので、勘の良い人はピンっと来ます。

 

また、この時にサジの「まあ 落ちつけや」と言う冷静な気遣いのギャップが、また堪らない。

こういった日常の中にある違和感を上手く描き出しています。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

eBookJapanでたくさんの無料マンガを読んでみるならコチラ!(スマホ・PC共通)

感想について

ホラーはホラーなんですよ「りんたとさじ」は。

だけど、怖いよりも先に楽しいって感じになるのは、ヒロインのサジが明るくて愉快だったせいもあるのかな、と思っています。

ほら、ホラー系というかドッキリ系のアトラクションに、明るい子がいると怖いよりも楽しいっ!となるような、あの感覚に近いかもしれません。

 

この作品の特徴として、日常と非日常の境目が非常に不安定なんです。

だから、1ページ前は普通だったのに次のページでドンッと急に来たりするので、ビックリしちゃいます。

 

一方で、良い意味で鈍感な人の場合だと「????」というマークが沢山つくでしょうね。

例えば、私なんかは何度か読んで「ああ」と思わされた話とかも中にありました。

一度きりで済ますよりも、何度も何度も繰り返し読んでみてください。

そうすると、さらに怖さが増していきますよっ!

まとめ

1巻完結型なので、いつでも好きな時に読めます。

個人的には「泣く人」が一番良かったかなー、と思っていますね。

最初の「炬燵の人」もいいですけれど、「泣く人」に軍配が上がりました。

ぜひ、夏のあっつ~い日に読んでみてください。

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です