青年漫画

「神様のバレー」ネタバレと感想!頭脳で弱小バレー部を優勝に導く!?

「神様のバレー」のネタバレです。

感想も載せてあります。

[AD1]

20018879_BookLiveコミック【TL】指先から本気の熱情~チャラ男消防士はまっすぐな目で私を抱いた~※スマホ専用

「神様のバレー」のあらすじとネタバレ

アナリスト、それはバレーの世界において相手チームを分析し

監督に適確な情報を伝達する、現代バレーにとって必要不可欠な存在。

阿月は「日村化成」の実業団チーム「ガンマンズ」に所属するアナリストだったが、

アナリストとしての枠を超え戦術にまで口を出す自信過剰な男だった。

 

そんな阿月は日村化成の会長と日本代表監督の座を賭けた勝負をする事に。

その条件とは「地区大会万年一回戦負けの弱小チームを全国優勝に導くこと」。

高校なら3回のチャンスがある、そう見込んでいた阿月が辿り着いた学校は

高校ではなく中学校だった・・・?!

[AD2]

感想について

一読して最初の感想としては、

スポーツ系にありがちな「弱小から全国へ!」のテンプレートなマンガだなと思いました

最弱チームを一年で全国制覇! なんと心地いいキャッチフレーズでしょうか。

 

スポーツマンガでよく使われるシチュエーションですが、

よく使われるだけあって色々なイベントを盛り込みやすい設定ですよね。

弱小といえばやる気のない部員たち。それをみんなやる気にさせて、強くする。

 

実は高校生にまでなると最高点と底辺のギャップが開きすぎてて全く現実味がありません。

一年で全国制覇できるほどの選手層いたら指導なくてもそれなりに強くなってるわ!

と突っ込まれること請け合いです。

 

中学生ならばそこまで差はないでしょうから、阿月にとっては高校より好条件だと思いますが、そこに気付くのはまだ先なのではないかなーと思います。

日本のスポーツ界全体に言える事ですけれど、元々日本人ってスポーツに対して潔癖な部分があると思うんです。

勝負もののマンガは大体正々堂々って感じだし、逆にダーティーなチームはとことん醜く描く風潮がありますから、そういう文化は個人的に嫌いです。

 

例に挙げれば某色系バスケマンガとか、普段ファール殆ど使わない癖にダーティーチームはばれないように選手にダイレクトアタックしてくる、という落差があるじゃないですか。

あれホントおかしいですよ。フィクションですけど普段を美化しすぎです。

 

それに対して阿月の様な「やられたら嫌なことを追求する」スタイルはスポーツマンガ界では珍しいのかな、と思いました。

実際に阿月の戦術を見ることが出来るのはしばらく先になるとは思いますが、リアルに撤する?バレーマンガ、楽しみです。

まとめ

バレーの基本を学ぶのにも適しています。

もちろん、スポーツに忘れてはならない根性、そして肝であるデータバレーの面白さも忘れてはいけません。

彼らが成り上がっていく姿は、読んでいて爽快感が溢れます。

ぜひ、手にとってみてください。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。
20018844_BookLiveコミック【TL】長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏※スマホ専用