「僕らの恋は死にいたる病のようで」最終回のネタバレと感想

「僕らの恋は死にいたる病のようで」の最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

「僕らの恋は死にいたる病のようで」最終回のネタバレ

紅子が海の真意を疑い始めてしまい、憎みあうことで空を覚えている。

そんな複雑な関係がこの最終回でも続いていきます。

実は、海が紅子に対して「好き」という感情が態度に出てしまう時ありました。

 

その時の紅子は、もちろん気持ちが揺れに揺れ、認めたくない。

知りたくなかった、あり得ない、というように乱され、混乱させられます。

海を憎みきれない自分がいること。

空は自分だけのものであり続ける。

 

そのためには、海を憎んで憎んで憎み続けるしかないのに。

それなのに「好き」という感情を出されてしまったら、処理がしきれなくなってしまうのも無理はありません。

こんな2人ですが、最後の最後までお互いに相容れません。

 

そして、海は紅子の前から姿を消して、10年後に墓の前で再会。

しかし、この時の海の様子が変なのです。

海が口から発した言葉は、紅子が思いもよらない言葉だったのでした。

 

10年間。

10年間という長い時間で、海は自分自身に対する罰を与えたのです。

誰よりも重く、誰もが想像しない方法を用いて・・・。

 

決して相容れない2人の切ない思い。

その果てに海が自分へ罰をどのように与えたのか。

そして、最後に海が紅子へ手渡す花。

 

それらの詳細は、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

eBookJapanでたくさんの無料マンガを読んでみるならコチラ!(スマホ・PC共通)

感想について

サスペンス風に事が進んでしまうと、物語的なオチはうーん・・・という感じでしたし、これしかありませんでしたね。

ハッピーエンド・・・とは程遠いけれど、バッドエンドでもありません。

だって、誰も死んではいませんからね。

 

ただ、紅子が幸せなのか不幸なのかっていうと、不幸じゃないか。

と、私は感じています。

詳しい事は伏せますが、何もかもを奪われてしまっているようなものですからね。

紅子のラストって。

 

長い時間を経て海と再会していますが、その海というのが・・・な状態ですので。

それだけの時間が経てば、憎まずにいられるのでしょうが、それすらさせてもらえない状況なのですから、紅子は。

生き地獄とは、この事を言うんだろう、と思わされます。

実際に、紅子の立場に自分が立たされたら、正気を保っていられるか分かりませんもの。

それくらい、紅子は重いものを背負わされて、生きていかなければいけないのです。

まとめ

オチについて不評も見受けられたのですが、私は結末のオチは歓迎派でした。

こういう後味が悪いというか、心を曇らせるようなラストっていうのは、嫌いじゃない。

ただ、何作も続くと胸焼けするので、甘い物語やスカッとした物語を間に挟みますけれどね。

よーし、胸がスカッとする作品を次は読むぞーっ!

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です