最終回・結末

「いつか咲く花」結末のネタバレ!お金があれば幸せになれるのか?

「いつか咲く花」の結末のネタバレです。

感想も載せてあります。

[AD1]

「いつか咲く花」結末のネタバレ

というわけで、色々とあって春音は藤原家に身を寄せています。

そこで、何を考えているのかというと・・・。

お金稼ぎっ!

 

お金、お金、お金、と言いますが、小さい頃から(今も小さいけど)苦労しているので、仕方ありません。

稼ぐ額っていうのは決めていないのですけれど、とりあえず藤原家よりも大きい額を稼ぐっ!

お金、おっかねーと息巻いている春音は可愛いので必見。

 

そんな時に、藤原家にやってきたお客さんが。

お客さんの商売の話に対して、素直に耳を貸す春音。

表では可愛らしい顔をしていますが、裏ではこの人は続かない、と称します。

子供ながら才覚がありすぎです。

 

さて、お金の問題はいいのですが、春音と詩織(沙羅)はどうなるのかという話。

後味は悪いのですが、お互いに「欲しいもの」というのを手に入れた結末となっています。

 

ハッピーエンドか。

というように問われたらハッピーですし、バッドのようにも思えるエンディング。

しかし、先程も書いたように「お互いに欲しいもの」というのを手に入れました。

そのため、お金が関わる話としては、比較的ハッピーな部類に入る形です。

 

詳しい話の流れに関しては、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

[AD2]

感想について

お金は偉大ですよ、ハイ。

金で買えない物があるって言いますが、無いと困るしあって困るものではありません。

だから、私はお金に固執するのは、悪いことじゃないと思っています

 

また、お金にまつわるお話ということで、不動産に関する話などは、凄く勉強されたのだと思います。

漫画で不動産とか出てきても、サラッとした説明とかで終わることが多いですからね。

不動産の話は、知らなかったことだったので、タメになりました。

 

さて、本編の感想ですけれど、こんなもんでしょう、というのが正直な気持ち

お腹を痛めて産んだ自分の子だとしても、憎いと思えば殺せますし、捨てられます。

事実、自分の子供を殺す親って沢山かは分かりませんが、存在していますよね?

 

動物で言えば、食べちゃったりする動物だっているんですから。

そのことに関して嫌悪感を抱いたのであれば間違ってないし、私のようにそれはそれ、これはこれ。

というように受け入れられるのであれば、それで良し。

 

ただ、私は子供がいるわけじゃないので、子供が生まれたら考え方は変わるかもしれません。

どれだけ汚れても、どれだけ打ちのめされても、子供のためなら・・・と行動を移せる人間へと変化している可能性もあります。

しかし、少なくとも今の私の考えは、こんなものだよね、世の中って。

という、感想ですね。

まとめ

全9巻とやや長め。

また、絵に関して色々とコメントがあるのを知っていますが、私としては問題なく読めました。

 

もっと酷い絵とかありましたしね。

例えば、ネーム状態で連載されていた、とか。

それに比べたら、余裕で読めますよ。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。