最終回・結末

「ひるなかの流星」最終回のネタバレと感想!初恋とは苦くて甘いもの

「ひるなかの流星」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

[AD1]

「ひるなかの流星」最終回のネタバレ

最終回が含まれる12巻は、最終回っぽくないスタート。

海ですよ、海!

学生時代に誰もが青春として行くであろう、海。

水着姿をたっぷり堪能してください。

 

さて、そんな話は置いておき、終盤は過去の記憶からスタート。

馬村の小さいころの記憶です。

幼稚園の頃って女の子が苦手だったみたいなんですよ。

両親も不仲で、さらに母親は職場の上司と不倫の末に駆け落ち。

 

馬村の父親と幼い子供3人は途方に暮れてしまいます。

ここから、馬村の女嫌いがスタートしたのですが、すずめだけは何故か違った。

すずめだけは、自分のトラウマを掘り返さない感じだったのです。

 

一方、すずめは先生とのお話が進みます。

先生との恋は、すずめから終わらすことになるのでした。

でも、これは初恋。

すずめにとって、初めての、そして何よりも大切な思い出となる恋だった、とハッキリと先生に伝えます。

 

そして、あとは馬村の所へ行き、自分の気持ちを正直に伝えるだけ。

まるで、プロポーズに近い言葉を馬村に放つすずめ。

その時の2人の様子は必見ですよ!

賑やかな沖縄、先生との初恋、馬村への恋。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

[AD2]

感想について

完ッ!

こういう結末なのは、分かりきっていたことですね。

先生と生徒というよりも、歳の差カップル的な感じに見えたので、こうなるだろうなーと思っていました。

ただ、すずめが先生に恋をするっていうのも分からなくはない。

 

あのくらいの年齢って自分より5~7歳上の男性がカッコよくて仕方がない。

男の子だって、上の女性が色々な意味を含めて、恋愛対象になるんですからね。

誰もが通る道なのですよ。

 

好感が持てるのは、きちんと先生と決着を付けて馬村の下へ帰ったことですね。

(もちろん、馬村が送り出した男気も良いです)

何も言わずに去って行ったり、適当にはぐらかして・・・とか多いですから。

もしくは、最悪描写すらされない漫画だってありますので。

それらを鑑みると、きちんと心の整理をして、次に踏み出したのであれば、すずめのことは祝福されるべきでしょう。

 

しかし、最後の言葉は殺し文句でしょー。

あんなこと言われたら、一生手放したくなくなります。

と、思ってしまったのは、まだまだ心だけは若い証拠・・・かな?

年取ったら、あんなセリフをストレートに言うのって難しいですもんね。

あーそれでも、私も言える相手が欲しいなっ!

まとめ

うんうん、と頷きつつ読んでいました。

もしかしたら、先生とは違う出会い方をしていたら、分からなかったかも。

そう考えると、少し先生には同情してしまいますね。

 

もしくは、もう少しだけ早く行動していれば・・・と。

現実にもありそうな話ですよね、これ。

あー怖い。

 

そして、最後になりますが嫌な気持ちをせずに読めたのは、すずめが真っ直ぐな子だったからなのかも。

もし、ぐらぐらするような不安定な子だったら、ここまで読んでませんでしたからね。

全12巻と比較的長めでしたが、読んで良かった、という気持ちでいっぱいになりました。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。