最終回・結末

「ヒミツのアイちゃん」最終回のネタバレ!2人は一緒になれたのか

「ヒミツのアイちゃん」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

[AD1]

「ヒミツのアイちゃん」最終回のネタバレ

同じ大学に行く。

ただそれだけのために愛子はもう勉強を開始。

自分が同じ大学に受からなかったら・・・という大きな不安の中で大学受験当日を迎えることに。

 

さて、そんな受験当日に愛子の目の前で大きな事件が起きます。

なんと、妊婦さんが1人苦しんでいるではありませんか。

見捨てることのできない愛子は、タクシーを拾い、乗り込むものの渋滞にハマり動けず。

病院へ送り届けた後に、急いで向かうものの途中からの受験。

結局、妊婦を助けた影響で受験自体は失敗となってしまうのです。

 

そして、高校の卒業式、玲欧の見送りなどのイベントを順々にこなしていきました。

泣けば良いのですが、頑なに涙を流さない愛子を玲欧は少し寂しそう。

自分と別れるのに、泣きもしないっていうのは、不安を感じたりしてしまうでしょう。

さて、玲欧の愛子がいない新生活が始まりました。

1日目ですから、色々と準備やら届いてくる荷物やらが多いです。

 

しかし、今回の荷物は、どうも一際大きいぞ、と。

玲欧が玄関を開けて、目の前に飛び込んできたのは・・・・愛子!?

どうして愛子がやってこれたのか。

さらにラストで2人が確認し合ったこととは?

 

詳しい話の流れに関しては、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

[AD2]

感想について

受験で遅れた場合って、人道的な要件であれば再受験ってできるのかな?

やっぱり、無理なんですかね。

 

基本は、公共交通機関が麻痺したりとか、誰もが平等、公平の状況だけなのでしょう。

とはいえ、あんな所で痛い・・・とか言われちゃったら、見捨てるわけにも行きませんよね。

すがり付かれてしまったら余計ですよ。

 

ただ、愛子がA判定貰えるってのは、やり過ぎだったかなー(笑)

せめてB、いやCくらいで、奇跡的に・・・とか、そういった演出で良かったような。

でも、最後の落とし所としては、無難だったのかもしれません。

 

何しろ、愛子はおバカでしたからね!

玲欧と一緒の大学に入学できるって思う方がおかしかったんだよ!

多分そう、きっとそうだ。

まとめ

やっぱり、こういう物語はハッピーエンドじゃないとね!

そんな言葉を体現したかのようなラストを迎えてくれました。

これ以上を求めるとなると、大学生活をすっ飛ばして、結婚にまで行っちゃいますからね。

全15巻と長めですけれど、わりとサクサク読めるので、手に取ってみてください。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。