「母という女~けもの親~」ネタバレと感想!洋子は静江を許せるのか

「母という女~けもの親~」のネタバレです。

感想も載せてあります。

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

「母という女~けもの親~」のネタバレ

スナックを営む母・静江の元に私生児として生まれていた洋子。

母のだらしない男関係については、洋子は小さい頃からのことで慣れっこでした。

しかし、親子仲は悪いとは言えず、いやむしろ他の家族よりも良い。

と、言ってもいいほどでした。

もちろん、洋子も優しく、綺麗な母親で内心は凄く喜んでいたのです。

 

洋子も少しずつ大きくなって、高校も希望通り上位の高校へ進学。

相変わらず母親の男癖は悪い事以外は、小さい頃から何も変わらずに暮らしていけていました。

しかし、ある時やってきた黒木にレイプ未遂を行われます。

母であれば庇ってくれる。

 

だが、現実は母は黒木を選択したのでした。

以降、急速に冷え込んでいく家族仲。

高校卒業後は、逃げるように家を出て、就職し最終的には3歳年上の中村という男性と結婚。

時間も経過したことと、街中で母娘が仲良く笑い合う姿を見て、洋子は不意に母親の静江を思い出した。

 

元気にしているだろうか。

洋子は、かつて住んでいたアパートへ訪れ、母の元を訪問。

旦那である中村にも紹介したのですが、これが洋子の不幸を招くことになってしまうのでした・・・。

 

母の静江が中村と会った時に見せた顔。

洋子の頭の片隅に過ぎった不安は、現実となる・・・!?

最後に迎えた母娘の結末とは。

 

詳しい話の内容に関しては、ぜひ本編を覗いてみてください。

eBookJapanでたくさんの無料マンガを読んでみるならコチラ!(スマホ・PC共通)

感想について

正直、洋子が家から逃げ出したい気持ちっていうのも分かります。

高校生ってバイトをして生きていくには時給が低すぎる。

かと言って、どこかへ出ていけるかというと、それは難しい。

 

家にいれば、稼ぎ頭の母親から嫌味を言われて、精神的に追い詰められる。

これってかなりキツイことです。

自分の無力感をまざまざと見せつけられている訳ですから。

ここで面倒なのが、言い訳やぶつかり合うと、嫌味が暴力に変わってしまう可能性があるのが厄介なんです。

その可能性を抑えるために、静江の嫌味を耐えきった洋子は、偉いとしか言いようがありません。

 

 

ラストの事に関しては、伏せて話しますが、あの状況になっても静江を慕った洋子は優しい子ですね。

私が洋子の立場であれば、見て見ぬふりをし、記憶の奥底に沈めて忘れ去ろうとするでしょう。

でも、洋子は私のような行動を取らなかったのです。

その洋子の姿に、ただただ私は素直に凄いと思いました。

まとめ

親との問題は誰しも持っています。

拗れてしまった場合、解決するためには本作のように「時間」が鍵になるのでしょうか。

現在進行系で仲が悪い私も、いつかは洋子たちのような雪解けの日がやってくるのかも・・・しれません。

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です