最終回・結末

「戸籍のない子:ママのカード地獄」ネタバレと漫画の感想!

「戸籍のない子:ママのカード地獄」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

その他の収録作品に関しては、コチラからどうぞ。

「戸籍のない子」各収録作品のネタバレと感想

 

[AD1]

「戸籍のない子:ママのカード地獄」のネタバレ

父と母が離婚した矢沢家。

母に着いて行ったさーやは、今取り立て屋の男にいびられています。

こうなってしまった理由は、過去の母にありました。

離婚した後の母は、仕事を始めたものの上手くいっていなかったのです。

下着のセールスは歩合制で、売上を伸ばせない母の給料は雀の涙。

 

さらに、母は外食や買い物という無駄遣いが好きな人間だったのです。

お金に困っていた母は、遂に禁断の方法に手を出してしまったのでした。

それは「キャッシング」です。

簡単に借り入れを行え、母子家庭でも何でも貸してくれる。

しかも、登録も簡単となれば、お金に困っていた母が使わない手はないでしょう。

 

そして、ここから母とさーやの生活は転落していくのでした。

母は借り過ぎたのです、お金を。

払っても払っても利子で帳消しにされ、借りた元金は一切減らず。

 

そのため、母は朝も夜も働くこととなり、さーやは一人で残されることが多くなってしまったのでした。

加えて、お金の入りも悪いことから、学級費なども払えなくなっていきます。

母は、頭の中を借金に覆い尽くされ、そして・・・。

 

借金で頭の中を覆われてしまった母は、どうしてしまったのか。

また、さーやは無事でいたのか。

詳しい話に関しては、ぜひ単行本を覗いてみてください。

[AD2]

感想について

キャッシングの怖さが見に染みて分かりますね。

一時期は、テレビのCMなどで頻繁に流されていたのを覚えています。

武富士とか色々とありましたよねー。

今でも、街中にアコムとか平然とおかれていますけれど。

 

無駄話も置いておき、話を本編に移しましょう。

作中でもキャッシングがキーとなって物語が展開されていきました。

この家族が最終的にどうなったかは伏せますが、取り立て屋のお兄さんが優しい人で助かりましたね。

主人公のさーやは当時7歳の女の子だったので、外国だったら売られてたかもしれません。

 

それをせずに、情を掛けてくれた取り立て屋のお兄さんは優しいですね。

もちろん、お兄さんも仕事でやっているわけですから、本心はさーやを心配していたのでしょう。

お兄さんが良い人っぽいというまとめ方に見えますが、収録作品の中では一番ラストまで安心して読める作品でした。

まとめ

よーく考えよーお金は大事だよー、というフレーズを思い浮かべてしまいますね。

お金は無いよりはあるに越したことはありません。

お金があるのであれば、大事に使っていきましょう。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。