「地獄を見た女たち~ギフト~」ネタバレ!ラストにある衝撃の結末

「地獄を見た女たち~ギフト~」のネタバレです。

感想も載せてあります。

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

「地獄を見た女たち~ギフト~」のネタバレ

雅人、清美、あやめ、かえでと4人家族で住んでいた岡山を離れ、父の実家である大阪に戻った家族。

祖父は優しく、祖母は母に厳しい人でしたが、孫たちを優しく迎え入れてくれます。

しかし、これが悲劇の始まりとは、この時は思いもよらなかったのでした。

 

引っ越してから父は、祖母の甘やかしに溺れていき、祖父は肺がんで他界。

さらに、祖母は働き詰めのストレスなどから乳がんと認知症を患って入院。

この時から、父・雅人のパラダイスが始まってしまったのでした。

雅人は、生粋の賭け事好きな上に、加えて大酒飲みの酒乱。

 

父が酒を絶てたのは、母と結婚したいがためでした。

ある日、あやめは父に連れられ、見知らぬおじさんと車で二人きりに。

そこで行われるは、性的な犯罪行為。

父は、娘のあやめを売ったのでした。

以降、何かと父に連れられて行く日々が増えていくあやめ。

 

そして、あやめは処女も父親の客に奪われてしまうのでした。

心を壊されてもなお、あやめは母・清美と妹・かえでの前では、笑顔でいようと努めます。

ですが、父の浪費っぷりに堪忍袋の緒が切れた母は、離婚を選択し妹を連れて出て行ってしまいました。

もちろん、あやめも出て行きたかった。

 

だが、当時のあやめは父による呪縛が解けず、父の下に留まり続けてしまうのです。

残り続けたあやめを待ち受けるは、幼少の頃と変わらぬ日々。

しかし、母と妹の下へやってきて、心境に変化も生まれ始めました。

 

ある夜の日。

父は憔悴しきり、あやめに泣き縋り、事の次第を全てさらけ出しました。

父の言葉を聞いたあやめが、ようやく呪縛から解かれる時がやってきたのです。

 

そして、翌日にあやめがみた光景とは・・・?

心優しかった父が壊れていき、自分の人生すら壊されそうになったあやめ。

あやめが迎えた結末のラストシーンに関しては、ぜひ単行本を覗いてみてください。

eBookJapanでたくさんの無料マンガを読んでみるならコチラ!(スマホ・PC共通)

感想について

まず、父は死ね。

死ね、という言葉以外に掛ける言葉はありません。

死んでどうぞ。

 

ただ、この作品のもう一人の加害者は母の清美ですよね。

もっと早くに離婚を選択すべきでした。

同時に、娘の異変に気付けなかったのが、私がもう一人の加害者と言った理由です。

 

そして、現実だったらあやめは父を刺して殺しても、情状酌量の余地があるでしょう。

医者で中絶した描写も有り、父も同伴していたことが確認されていますから。

でも、作中の廃人状態に近いあやめでは、そこまでの気力は起きなかったのでしょう。

 

人間、限界まで追いつめられてしまったら、人の言うことをハイハイ聞いていた方が楽ですから・・・。

さて、全体の感想としては、久々に読んでいてムカムカとしてくる作品でした。

ちょっと、鼻筋がピクピクとしてしまいましたよ。

まとめ

正直、あやめが本当の意味で幸せになるのは、生きている間には無理だと思います。

色々な物を受け止めすぎました。

それを示唆するシーンがラストにありましたしね・・・。

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です