最終回・結末

「ヘルタースケルター」原作漫画のネタバレ!ラストにある衝撃の結末とは

「ヘルタースケルター(漫画)」のネタバレです。

感想も載せてあります。

[AD1]

「ヘルタースケルター」原作漫画のネタバレ

ナチュラルな美貌を持っている吉川こずえ。

一方、りりこは手に入れた美貌でした。

手に入れた、つまりは「作られた」ということ。

ナチュラルな美貌を持つこずえに対して、りりこは憎悪を募らせていくんですね。

 

自分は綺麗になりたい。

綺麗であれば、いいのに。

その想いの強さが、りりこをより作り上げていくのでした。

作り上げられたりりこは、定期的なメンテナンスを施さないと、維持できなくなってしまいます。

 

物語の終盤。

遂に、りりこが整形している事実が暴かれてしまうのでした。

自身の美貌が作られた物であることを暴かれてしまったりりこ。

自分の秘密を知られてしまったりりこは、自分自身の目をえぐり取ります。

自らえぐり取った目をその場に残しながら・・・。

 

美しさを求めすぎた代償。

それでも生きていこうとしている姿をどう思うか。

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

[AD2]

 

結末や感想について

人によっては悲惨。

ある人にとっては、しぶとい。

そういった印象を持たせてくれるラストとなっています。

 

残していった目に関しても、それが伝説的な話になるので、ありかも。

そういった思いが私の中に生まれていました。

かつて・・・という昔話をするご老人のような感じですね。

だって、常識的に考えれば、自らの目をえぐって残していくなど、常人にできることじゃないです。

それをやってのけたのですから、語り継がれていくに決まっているでしょう。

 

さて、話を変えて本編で面白いのが、ブスだった頃の顔が一コマも出てこないこと。

普通の整形漫画であれば、整形に踏み込む過程を描いてブスだった頃が描かれます。

しかし、「ヘルタースケルター」は描かかなった。

既に人気絶頂のりりこを描いていたのが、私はびっくり。

 

そうそう、キャッチコピーも秀逸なんですよね。

笑いと叫びはよく似ている

確かに、と頷いてしまいたくなりました。

本当に、本作に合った秀逸なキャッチコピーだと思います。

まとめ

そういえば、映画も制作されたんですよね、これ。

意外と映画の方も評判が良いという話を耳にしています。

機会があれば、レンタル店で借りて観てみましょう。

ほぼ原作通りに進んでいき、ラストが少しだけ違うくらいらしいので。

漫画で衝撃を受けたので、映画も期待しておきます。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。