青年漫画

「ダクションマン」ネタバレ!読んだ感想と試し読みも情報もあり

どこかで見たことある絵だなーと感じだ「ダクションマン」という漫画。

調べてみたら「SALAD DAYS」の人だったんですね。

えっ、なんで古い方を知っているのかって?

 

小学生時代に接骨院で見かけたんですよ、「トライガンマキシマム」と一緒に。

さて、そんな「ダクションマン」のネタバレと読んでみた感想です。

 

[AD1]

20018879_BookLiveコミック【TL】指先から本気の熱情~チャラ男消防士はまっすぐな目で私を抱いた~※スマホ専用

「ダクションマン」のネタバレ

主人公の小木十五は、18歳の彼女もいる建築現場で働く社会人。

物語の当初、物凄い強い形で芸能界を憎んでいます。

ある日、その彼女に結婚を迫ります。

しかし、実は彼女は芸能界に身置く人物でした。

 

どうして十五が芸能界を憎むのか。

十五は、元々子役としてデビューして順風満帆な子供時代を過ごしました。

だけど、成長期に入り、背が伸びて声も変わり・・・・。

そうなってしまっては仕事も入って来なくなりました。

 

加えて、父親は芸能界の甘言に乗せられ、事務所を借金してまで独立。

後に、乗せてきた人物が有り金を持たれて逃げられ、父親は自殺。

母親と妹も、確認のために外へ出た後に事故を起こして他界。

これが、十五が芸能界を恨む理由。

 

さて、結婚をしたいと言っていた2人だが、この芸能界を憎む十五は受け入れられません。

だが、そんな十五に彼女の母親が条件を付けて結婚を許すことに。

「うちの会社に入りなさい」と。

十五に芸能界のマネージャーとして働け、と言ったのです。

 

その条件を飲んだ十五は、西へ東へとプロダクションマネージャーとして飛び回ることに。

さらに、自分自身で恨んでいたはずの芸能界に、小さな事務所を立ち上げていくのです。

さらに、細かい話も沢山含まれています。

 

細かい話に関しては、ぜひ貴方の目で見て欲しいと思います。

[AD2]

読んでみた感想

芸能界でよく言われる事柄を持ち前の根性で解決していく漫画でした。

リアリティ的には物足りない部分が多いですけれども、私達が普段から描いている芸能界を漫画にしてみた、と言っても間違いじゃありません。

 

枕営業の話が出てきたり、薬のお話が出てきたり。

この辺りは、私達も週刊誌の見出しとか、ワイドショーとかで目にするので比較的すんなり受け入れやすいと思います。

 

まとめ

全4巻ということで、2時間掛からず読めてしまいます。

1日の細切れの時間を利用して、ぜひ読んでみてください。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。
20018844_BookLiveコミック【TL】長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏※スマホ専用