最終回・結末

「どうせもう逃げられない」最終回のネタバレ!苦しい恋に結末が訪れる

「どうせもう逃げられない」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

[AD1]

「どうせもう逃げられない」最終回のネタバレ

くっついてからの展開は、ジェット機にでも乗っているかのようなスピードで展開。

最終回の話になると、会社や身の回りの事に関するお話が展開されていく形に。

例えば、今まで裏方で働くことを良しとしてきた向坂。

だけど、過去のことを精算し、なほとの未来も掴んだため、ガツガツと仕事に打ち込んでいきます。

 

仕事に夢中な一方で、なほへの正式なプロポーズも忘れません。

もちろん、答えはYES!YES!YES!という感じで、答えるのですが1つ条件がありました。

なほから出された条件というのが「結婚式はしない」ということです。

どうして結婚式を挙げないのか。

それは、向坂の痛みを忘れることができないから。

 

今の状態でドレスを来てしまったら、申し訳ないというような趣旨を伝えるのです。

そして、ある日のこと。

仕事中に倒れてしまうなほ。

大事をとって検査をしてみたら、おめでた!

 

幸せムードに包まれる中、向坂は再度、なほへ結婚式を挙げたいと伝えるのでした。

いつか子供が生まれたら・・・。

その時に、ドレス姿の写真がどんなに綺麗だったか。

それを見せてあげたい、ということをなほへ伝えるのです。

 

ラストに関しては、過去の「ある約束」が関わってきます。

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

[AD2]

 

感想について

無事にハッピーエンドを迎えた形になりました。

表紙でネタバレされているので、あんまり深くはツッコみません。

私としては、表紙は2人が共に歩む決意をした姿とかが描かれていると、嬉しかったんですけれどねー。

花嫁姿だと何が起こるのか分かってしまうので、ちょっとサプライズ感とかが薄くなっちゃいますもん。

 

あと、終盤は駆け足っていう印象を持つかもしれませんが、元々それまで2人とも意識していましたよね。

1つのピースがハマったら、後はこんなもんだと思います。

物足りないと感じるのは、漫画なんだから2人の関係をもっと詳しく描いてよ、と感じるだけです。

 

私はダラダラと続けられるなら、これくらいスパッと駆け足で終わってくれる方が好きです。

それに、私としては正式にくっつくまでが「どうせもう逃げられない」の本編だと思っていましたしね。

なので、丁度いいくらいで終わったなー、という印象を持ちました。

まとめ

単巻でちまちま読むよりは、一気読みがオススメ。

休日やお風呂と食事を済ませて、デザートを用意した夜とかに一気に読んでみてください。

全10巻ですので、時間としては3~4時間、長くても5時間くらいで読み終わるでしょう。

ただし、泣かなければねっ!

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。