最終回・結末

「青空エール」原作漫画の最終回のネタバレ!熱い青春物語の結末とは

「青空エール」原作漫画の最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

[AD1]

「青空エール」原作漫画の最終回のネタバレ

全ての項目も終わり、残すはつばさと大介の卒業のみ。

部活を引退した2人が一緒に帰る時には、吹奏楽部の音色が聞こえます。

この前まで一緒に吹いていたのに、どこかおかしな状態に思えるのも無理はないでしょう。

部活を引退し、残る高校生活の一大イベントは「受験」です。

 

大介は部活推薦で大学を目指せそう。

もちろん、つばさは大学で野球を頑張る大介が見たい。

大介も、つばさに応援されたい。

だけど、つばさの心は、それ以上に自分がもっと吹きたいと思っていたのでした。

吹いて大介を応援して、大介が活躍する瞬間を目に焼き付けたい、と。

 

これで、つばさの進むべき道は決定し、残る問題は推薦枠。

そのために、先生の下へ足を運んでお願いしてみたら・・・?

あら、意外とすんなり推薦を了承。

というのも、ずっと歯を食いしばって頑張ってきた姿を見てきてくれたから。

何かあっても、真っ先に何か行動をする子だったから。

 

あと、叩きすぎたっていうのも、描写は無いけど有り得そう。

そういうわけで、つばさの進学への条件は9割揃いました

残る1割は・・・そう、成績です。

そして、2月の冬真っ盛りの日。

吹奏楽部で最後の演奏を噛みしめるつばさが、そこにはいました。

 

無事につばさは大介と同じ大学に通うことができたのか?

3年間頑張ってきた吹奏楽部員たちとの別れの時に、つばさが口にした言葉とは。

それらの詳しい内容は、ぜひ単行本を覗いてみてください。

[AD2]

感想について

ラストシーンよりも、先生優しいなっ!?

というような感想が真っ先に出てきてしまいました。

でも、これってそれだけ先生がつばさをはじめ、部員の子たちをよく見ていた証拠でも有りますよね。

 

特に、つばさなんて完全な初心者として入ってきたわけですから。

それでも、へこたれず周囲と軋轢が生まれても、前だけ向いて歯を食いしばって歩いてきました。

その点が最後でも報われた形となっています。

ちょっと、泣き虫だけどねっ!

 

部活動を主軸にした漫画っていうのは、熱い展開が多くてたまらない。

頑張って、キラキラしている高校生を見るのは、心が晴れやかになりますね。

ただ、現実の高校生たちを見ると、なんで心が荒むんでしょうか?

 

あの子たち、眩し過ぎじゃない?

目に毒ですよ、毒っ!

っと、話が逸れましたが、熱く楽しく、時に涙もろく。

そんな形で非常に楽しめた漫画でしたね。

まとめ

そういえば、映画も2016年の8月に公開ですが、どういった内容になるのでしょうね。

2時間~2時間半で、これだけ長い作品をどのようにまとめきるのでしょう。

その辺りが気になるので、公開1週間後くらいに見に行ってみようかな、と思います。

でも、お盆に被るから人が多いかもしれない・・・・。

1人で行ったら浮くだろうなぁ。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。