最終回・結末

「青の母」4巻のネタバレ!最終回の結末に誰もがビックリ!?

「青の母」4巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

[AD1]

「青の母」4巻のネタバレ

壊されてしまった絲子の器。

その壊れた絲子の器をすずめが1つ抱え、冬弥から必死で逃げようとしています。

父と母を見捨てる、という辛い選択をしながら。

そして、同時にもう1人の協力者が、そこにはいました。

フクロウです。

 

壊れた絲子の体を抱きかかえ、冬弥が解き放つ犬を一瞬にして地に伏せさせる。

犬に言っても理解するのかは謎ですが、主人(冬弥)に伝えろ、と生かして逃がそうとしたのでした。

しかし、犬どもはどうやらフクロウの言うことは耳に入っていない様子。

 

一方のフクロウも時間がなく焦ります。

『絲子の魂が完全に抜け出てしまう』

そこに突如、声を掛けてくる人物が。

なんとか窮地を脱したフクロウたちですが、時間がない。

顔にはヒビが入り、今にも壊れそうな絲子を抱きしめ、彼らは残された時間で冬弥への策を練るのでした。

 

フクロウたちは冬弥への打開策を見いだせるのか。

なぜ、このフクロウは絲子を助けてくれたりするのか。

フクロウの衝撃の正体、そして最後に待ち受けていた展開とは。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

[AD2]

 

感想について

まず、「えっ」という声と共に、次を開いたら「あ゛っ!」という声が出てしまいました。

どういう内容かって言うと、『東京喰種(無印)』のラストシーン的な感じです。

詳しいラストは伏せますが、作者のTwitterを見たら結構力を込めたみたいですよ。

 

なので、ラストのシーンとその次は、ぜひ自分の目で確かめて欲しいと思いますね。

詳しいことが語れないのでアレですが、これからどうやって展開していくのか気になりますね。

なんというか「少年漫画」的な展開を迎えていきそうな気がするんですよ。

 

例えると、マイナー月刊誌の看板タイトルって感じでしょうか。

それがピッタリと当てはまる展開が繰り広げられそう、と感じました。

元々の「青の母」自体もマイナーといえば、マイナーですから例えとしては、おかしいのですけれどね。

まとめ

というわけで、この終わり方に関しては納得が行く人と、行かない人で別れるでしょう。

世界観自体は良かったので、別にあんな方法を使わなくても・・・と言う気持ちは、正直ありました。

でも、それもそれで楽しめるので、私は気にしませんでしたね。

さて、次はいつになるのやら。

気長に待ちます、ハイ。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。