最終回・結末

「うぬぼれハーツクライ」最終回のネタバレと感想!ゆりの恋の結末は

「うぬぼれハーツクライ」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

[AD1]

「うぬぼれハーツクライ」最終回のネタバレ

美人だけど、性格的にちょっと・・・という、ゆりが奮闘。

まずは、夏祭りからなのですが、初っ端から出鼻をくじかれます。

綾倉を誘うのですが、実は子供の頃から葵と行くことが決定済み。

そこで、引き下がるしかなかったゆりへ助け舟を出す新見。

というわけで、4人での夏祭り巡りが決定。

 

しかし、この夏祭りはあんまり楽しくない。

綾倉は葵へ4人での話を伝えていないし、ゆりは自分のペースを握れず悪戦苦闘。

ついには、葵を怒らせてしまったり・・・。

でも、葵も葵であの手この手を使って、ゆりよりも良い立ち位置にいようとするので、お互い様でしょうね。

 

さて、夏祭りも色々と終わり、物語はいよいよ佳境へ。

最後の一大イベントは、ベストカップルコンテストッ!

ゆりは綾倉と・・・と思うでしょうが、実はこの時点で身を引いています。

夏祭りを介して、葵の接し方を見させられ諦めていたのでした。

 

そのため、ゆりはチャラ男である新見と組んで出ることに。

そして、順調に勝ち進んで行くゆりと新見。

最後の舞台でゆりがやらかしちゃう!?

一体、ゆりは何をやってしまったのか。

 

詳しい話の内容は、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

[AD2]

感想について

普通の少女漫画であれば、ゆりはヒール役ですよねー。

そんなゆりが、本気で恋をして変わっていくお話でした。

ただ、あんまり大きく変わったかと聞かれると、変わっていません。

しかし、ゆりの頑張りは見ていて応援したくなります。

というのも、ゆりは恋に不器用なんですよね。

 

どうやって意中の相手に接していけばいいか分からない。

だから、見当違いなこととか、周りにはバレバレな行動をせざる得ないのです。

そういう部分が可愛らしく、そして健気に思えて応援したくなりました。

 

また、この作者の方が描く女の子っていうのが、結構リアルな部分があるんですよね。

ゆりの性格や行動、もう一人の恋敵である葵も然り。

現実にいるよねー、こういう女の子たちって。

このリアリティさが、私は気に入った作品でした。

 

あとは、個人的にもう1巻くらい続いて欲しかったと思います。

新見とかの活躍も見てみたかった、という口なので。

ちなみに、新見は当て馬じゃありません!

タダのお調子者の馬鹿キャラですっ!(笑)

でも、良いキャラしてますよ、彼。

 

同作者の別作品は、コチラからどうぞ。

「隣の彼方」ネタバレと感想

まとめ

何と言っても最終回が描かれている表紙は必見ですよ。

真正面を向いているゆり。

その目には、涙が溜っていますが笑顔なのです。

この可愛さったら、言葉にし難い可愛さなんですよ。

ぜひ、表紙だけでもいいから多くの人に見て欲しいと思います。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。