「校舎のうらには天使が埋められている」最終回のネタバレと感想

「校舎のうらには天使が埋められている」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

「校舎のうらには天使が埋められている」最終回のネタバレ

菜々芽がいきなり逮捕という衝撃の展開からスタート。

そして、ネットには4-2で起きた事件の大きく内容を変えて、どんどんと噂が広まってしまいます。

 

リア充狩りが月見ヶ峰の生徒らしい、という書き込みまでされてしまっている始末。

そこで、リア充狩りをしていた覆面グループは、一旦活動を中止。

 

だが、ここで彼らの行動を快く思っていなかった元4-2たちにより、真相を暴くことに成功。

リア充狩りのメンバーの所業が表に出されることになったのでした。

 

一方、美術室にいる優に一通のメールが届けられます。

内容は、優に危険を喚起する内容。

だけど、これは遅すぎた。

 

優は春日の手に掛かっており、春日は優になりすましアトリエに菜々芽を呼び出す。

そして、菜々芽と優が対峙し、事の真相、自らの思いを打ち明けていきます。

全ての出来事に決着がついて、これから新しい日々が始まろうとしていた時。

そこにいたのは・・・!

 

イジメ的な内容からホラー/サスペンスに変わっていった本作。

最後の最後で待っていた衝撃の結末に、口を大きく開けざる得ないでしょう。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

eBookJapanでたくさんの無料マンガを読んでみるならコチラ!(スマホ・PC共通)

 

感想について

5巻までで好評だったため、続いたけれどグダってしまった感じがする6,7巻。

それでも、少女漫画にしてはえげつない内容のオンパーレドでしたね。

リア充狩りがやっていたことなんて、ヤバ過ぎるって。

 

それに加えて、ラストシーンですよ、ラストシーン

平和になったねー、と思ったら・・・・。

まーた、始まってしまうのかぁ、と気が重くなりそうな感じな結末。

 

いや、あれが幻覚であればいいのですけれど、多分・・現実なんでしょうね。

彼らの高校生活は、また戦いに明け暮れる日々となってしまうのかもしれません。

とにかく、ラストに関してはインパクトが強すぎた。

 

それまでの話とか、一切忘れてしまいそうなくらい強烈な物です。

1~7巻まで読んだ人にとっては、正に悪夢としか言いようが無い結末でした。

 

まとめ

6,7巻はゲーム的な話を言えば、ファンディスク的な扱いかなーっていう感じです。

場合によっては「if」にされてしまうかもしれないアレですね。

 

続編に期待を持っている人もいるようですが、私としてはこれ以上はいらないと思います。

描くのであれば、ラストのアレは幻覚って感じにして、普通の高校生活を見てみたいな。

 

でも、きっとそれは永遠に描かれることが無さそう気・・・。

とか思っていたら、続編らしき物がでました、マジで。

「校舎の天では悪魔が嗤っている」あらすじとネタバレ!蜂屋安寿ってまさか?

 

「蜂屋」という名前もそうですが、作者名に思わずニッコリするでしょう。

詳しい話は、上記の記事中を覗いてみてください。

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です