「東京アンデッド」あらすじとネタバレ!無料試し読みも紹介

「東京アンデッド」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

「東京アンデッド」のあらすじ

20XX年11月24日に東京は終焉した。

新宿にてゾンビが発生し、東京は瞬く間にゾンビに置いつくされてしまったのだ。

数少ない生存者は、それぞれ生きるためにゾンビに覆い尽くされた地獄を生きようとしていくのだった・・・。

詳しいネタバレについて

主人公らしい主人公っていうのはいません。

いくつもの章に分かれて物語が進んでいくオムニバス集だからです。

 

例えば、最初の物語は気弱な金髪青年が、電線を伝っていた時に出会った一人のおっさんとの物語。

実は、このおっさんがレイプ魔な上に残虐性の高い男だったんですね。

 

それを知らないで気を許した青年は、唯一持っていた(ナイフもあったけど)バットを奪われてしまいます。

そして、おっさんが教えてくれた場所に足を踏み込むと・・・。

というような話や、生き延びた人たちが集まってギリギリの場所で生存し続ける恐怖の話。

 

他にも、ゾンビに実験的なことをしている奴や、楽しそうに殺す人まで。

それぞれの生き様というか、極限状態に陥った場合に、どういう行動をするのか。

そういった興味深い行動心理が描かれています。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

感想について

ゾンビものの定番中の定番って感じの展開です。

ゲームで例えるとバイオ2が最も近いかなーって思いました。

実際、ゾンビで溢れかえってしまったら精神に以上をきたすでしょうね。

 

「東京アンデッド」に出てくる異常者たちだって、普段はそれを隠していた。

もしくは、表面上に出てこなかったはずですから。

ゾンビという恐怖がトリガーになって、どうせ死ぬのであれば・・・とか。

 

極限の中で生き延びたいのであれば、自分に嘘を付かなくなるのでしょう。

でも、そういった人物が描かれているからこそ、その正反対の人間が輝くんですよねー。

作中でも、嫌な感じがしていた組合長とか、サラリーマンの上司。

彼らが見せてくれる人間味は、作中でキラリと光ること間違いなし。

 

特にサラリーマンの上司の話は、ちょっとウルッとしてしまいます。

イヤな人のはずなのに、これでウルッとする自分はチョロすぎるかもしれません。

気を付けます。

 

もう一つは、母の思い。

これは、下巻を読んだ人のみが知ることが出来る話。

この話の内容は、子供がいたらきっと心を打たれるでしょう。

まとめ

ゾンビが発生した理由とかは語られないのが残念なポイントかな?

でも、それやっちゃうとあと3,4巻くらい長くなっちゃうので、描かなかったのは正解だと思います。

最後も救いがありそうなシーンになっていますので、読んだ後に明るくなれるでしょう。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です