青年漫画

「亜人ちゃんは語りたい」2巻のネタバレと感想!打ち解けていくデミちゃんたち

「亜人ちゃんは語りたい」2巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

[kanren postid=”4896″]

[kanren postid=”5140″]

 

[AD1]

 

20018879_BookLiveコミック【TL】指先から本気の熱情~チャラ男消防士はまっすぐな目で私を抱いた~※スマホ専用

「亜人ちゃんは語りたい」2巻のネタバレ

今回は体質的に語られていなかった雪ちゃんの体質に関してのお話。

それ以外には、ひかりちゃん、京子ちゃん、雪ちゃんの3人がデミとして、友達として打ち解けていく話などが描かれています。

1巻からの続きで読んでいると、彼女たち3人が笑い合うワンシーンは心温まる事間違い無し。

 

あとは鉄男の呼び名ですね。

作中で鉄男は、ひかりちゃん、町、日下部、というように呼んでいます。

鉄男がどうしてひかりちゃんだけを名前呼びするのか。

加えて、自分たちも名前で呼ばれたいという願望が描かれている話があるんです。

名前で呼ばれる感覚って、こうだよねー、と納得できる話でしょう。

 

そして、最後には早紀絵さんを知っている刑事さんも登場。

ちなみに、作中で早紀絵さんはクルツくんという人物に手を握られました。

しかし、この時にクルツくんは早紀絵さんに反応しなかったのです。

 

はてさて、仲良し3人組となったわけですが、何やらまだまだ大変の様子。

外見的には人間と変わりない(京子は首が取れているけど)彼女たち。

悩んで、笑って、女性は恋・・・をして・・・?

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

[AD2]

 

感想について

印象的なシーンとしては、やはりひかりちゃん、京子ちゃん、雪ちゃんの3人が公園のベンチで楽しく笑い合うシーンでしょうか。

このシーンは2巻のハイライトと言っても過言じゃないでしょう。

 

いやー、あんな屈託ない笑顔を見ていると、コチラも釣られて笑顔になってしまいます。

やっぱり、女の子は笑っているのが一番です。

どこぞの傾奇者を思い出しますけど。

 

さて、その他にも気になる人物としては、クルツくんでしょうか。

なぜ早紀絵さんに触れて反応を示さなかったのか。

というか、まず男なのか?

 

一応、「くん」と作中で言っているわけですから、男なのでしょう。

サキュバスに催淫されない男なんているのかなー。

まとめ

雪の生態や雪女の伝承をはじめ、3人娘が打ち解けていく姿が描かれたのが2巻。

本巻も1巻同様に4コマも収録されており、話の途中で番外編も数ページに渡り収録。

番外編は、京子ちゃんの頭部の話と、ひかりちゃんが鉄男の頬にキスっ!?する話。

 

このキスの話の4コマのオチで笑いが止まらないのと同時に、切なさで胸が張り裂けそうに鳴るでしょう。

私から掛ける言葉としたら、頑張って・・・というヒトコトしかありませんでした(笑)

 

[AD1]

 

次の記事は下の記事!

[kanren postid=”4900″]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。
20018844_BookLiveコミック【TL】長谷川くんのが大きくて入りません!? 身長差40センチの絶倫彼氏※スマホ専用