「屋上姫」4巻のネタバレ!最終回の結末で3人の恋はどうなったのか

「屋上姫」4巻のネタバレです。

これが最終回の巻になります。

感想も載せてあります。

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

「屋上姫」4巻のネタバレと最終回の結末

煮え切らない態度を取り続ける陽平、澄花、結子の3人。

陽平はこっぴどく振られているのに、未だに澄花のことが好き。

そんな陽平を影から見守りつつも、幼馴染故に一歩目を未だに踏み出せない結子。

若干気があるような感じを見せつつも、兄の幻影を追い続けてしまっている澄花。

 

もう、ホントどうしようもないです。

そんな均衡を壊してしまうのが結子。

1巻から続いていた心優しげな表情は、澄花に対して痛烈な一言を浴びせます。

『許せない』

 

昔から好きだった幼馴染に振り向いてもらえない結子が、最終回に向けて変貌していきます。

相手を傷つけるわけじゃないですが、突如現れた見知らぬ人に想い人が奪われた感覚。

それが遂に暴発した形で「屋上姫」と呼ばれる澄花にぶつけられたのでした。

ただ、ここからがちょっとかわいそうなのですが、それは作中を覗いてのお楽しみ。

 

さて、メインである陽平と澄花。

澄花は兄の幻影を今でも追っています。

陽平は澄花が追っている兄の幻影を超えるのか、それとも呪縛を解き放ってあげられるのか。

 

その答えっていうのが、「めぞん一刻」のラストに五代がお墓の前で言うシーン。

「屋上姫」だと、そんなシーンはないんですけれどね。

あのシーンのセリフの内容がピッタリと当てはまる結末になっています。

 

全ては大切な思い出だから。

3人の男女が織りなしたイタイ青春の恋模様。

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

感想について

なぜ、当て馬ばかりが良い人なのでしょうか。

なんでだろうね!

見る目無いのかなっ!?

言い過ぎですね、スイマセン。

 

10代あるある的な青春物語。

いや、でも最近の10代の子だと「屋上姫」のような青春はしてないかもねー。

主人公は陽平ですけれど、どちらかというと4巻で結子ちゃんが主人公だったんじゃないか。

そんな気がしてなりません。

 

最初から敗北ルートをひたすらに、ただ我武者羅に進む結子ちゃんは涙なくして語れませんね。

しかし、想いが募れば結子ちゃんくらいドス黒い感情を抱いてしまうでしょう。

私だって、恋愛じゃないですが、結子ちゃんのように黒い感情。

 

主に「嫉妬心」を抱いてしまうことは沢山あります。

だからこそ、陽平や澄花よりも感情移入してしまうのでしょうね。

まだまだ10代ですから、幸せよりもほろ苦さ、酸っぱさを味わってください、と思いました。

まとめ

舞台としてコンパクトすぎたため、もう少し縮めるか横に伸ばしたイベントを入れた方が良かったかな。

そのように感じました。

 

それでも、全4巻としては読み応えバツグン。

ぜひ、読んだ後は結子ちゃんが幸せになる未来を応援してあげてください。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です