「鼻下長紳士回顧録」ネタバレと感想!下巻の変態たちにも期待が掛かる

「鼻下長紳士回顧録」のネタバレです。

感想も載せてあります。

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

「鼻下長紳士回顧録」のネタバレ

舞台は20世紀初頭のパリ。

1890〜1900年前半ってところ。

そのパリにある娼婦たちがいる売春宿「メゾン・クローズ」が話の中心。

 

そこに所属している主人公であるコレット。

ボブカットで美しく、コケティッシュな女の子。

今日も客を取っていたのですが、その客が変態。

 

変態というと、縄やムチをはじめとした入門みたいな変態さん。

他にも三角木馬とかを用いるような人まで様々。

縄やムチなんて普通よ、というコレットだったのですが、取った客の変態っぷりには驚愕。

 

なんと、ハゲ頭を磨くのが好きなんです。

いえ、正確に言うとハゲを磨く時。

客の人が床に膝をつき磨き続けることで、膝が硬い床によって痛んでくる痛みがたまらない。

そんな変態さんだったのでした・・・。

 

この話をした時には、やはり娼婦全員から見事な変態判定を客は受けることに。

さて、そんな彼女たちの楽しい話の最中に、コレットはとある男性を見かけます。

娼婦たちは一斉にこりないわね、と一言。

 

コレットが駆け寄った男性はレオンと言って、コレットのヒモ男。

お金を借りて、使って、稼いで・・・というような典型的なダメンズ。

ただ、コレットも分かっていて、突き放そうとするのですが、レオンの一言で堕ちてしまう。

愛している、という一言で。

 

そして、今日もコレットは客を取りレオンへと金を渡す。

これが、自分が選んだプレイなのだ、と言い聞かせて。

他の女のところへ行こうとも、私の元に留まろうとも。

今日も、彼女は金を渡すのだ。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

感想について

客もコレットも「痛み」が共通しているポイントですね。

客は肉体的、コレットは精神的。

 

とはいえ、客の性癖のほうが高度な変態すぎて、コレットの変態っぽい印象が薄れました。

いやいや、あの客は超ド級の変態ですよ!

あんな変態みたことないっ!!

 

でも、確かに分かるんですよ、彼が言うことも。

痛みは一度和らいだ後に、もう一度同じ痛みを味わうことで、さらに快感となる。

実際、痛気持ちいいなんて言葉があるように、痛みと快楽は紙一重の存在です。

だから、読んでいて共感は出来てしまいましたね。

 

さて、後半からは物語もまた展開が変わっていくんですよ。

そこで出て来る人々も、また変な人たち。

なかなかに楽しい話となっています。

まとめ

下巻でも変態たちが織りなす物語が楽しみですが、どうなることやら。

あと、「回顧録」ということなので、誰の視点で語られているのか気になりますね。

コレット自身の伝記なのか、それとも同じ売春宿の誰かが見てきたことなのか。

そこも下巻で明かされるのを楽しみに待っていようと思います。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です