「モズ(吉川景都)」あらすじとネタバレ!漫画の試し読みも紹介

「モズ(吉川景都)」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

「モズ(吉川景都)」のあらすじあらすじ

民俗学教授・百舌一郎の専門はお葬式。

葬式あるところ、この人の姿あり。

葬式とあらば全国どこへでも駆けつける。

ちょっと変わった百舌教授の行く先々では、不可解な出来事に巻き込まれ、付いたあだ名は「葬式探偵」!?

自称・助手の都と共に、今日もお葬式に出席します!?

ネタバレ

お葬式専門の民俗学教授・百舌一郎。

その研究室を訪れた川内礼が持ってきたのは、白い布。

亡くなった母から送られて来たという。

それを見た百舌は、礼の母の葬式に一緒に参列すると言う。

 

礼は、百舌の押しかけ助手・都の友人。

礼の母は駆け落ち同然で結婚し、父はすぐに亡くなってしまった。

12年前、礼は男と逃げた母親に捨てられ、その後会うことも連絡もなかったという。

複雑な心境で葬儀に向かう礼。

 

その地域では、橋の上にすすり泣く女の幽霊が出ると噂になっていた。

おまけに、母と逃げた男・徳田が現れたが、この男がヤクザまがいだった。

葬儀より財産を要求する始末。

 

そこへ敢然と立ち向かったのが、なんと百舌教授。

礼に、母から送られてきた白い布の秘密もすぐに分かると言うのだが・・・。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

感想

百舌教授の第一印象は、「暗っ!」でした。

若い女子大生達が、いまどきの服装に身を包んだ姿に囲まれると余計に暗い。

髪は真っ黒で重ため、黒いスーツに黒いネクタイ・・・。

 

ああ、いつでもお葬式に出席できるようになってるんだ・・・。

そりゃ暗いわ!

おまけに顔まで暗いです。

 

その暗いのがいる研究室に居座るようになった、助手の都も変わっていますね。

まあ、民俗学者は変わり者ばかりなのかもしれませんが。

そうは言っても、黒ずくめの百舌教授は、ビジュアル的に人気が出そうな気がします。

 

黒ずくめの三白眼ってなぜか人気あるイメージなので。

ついでに飼い猫まで黒猫です。徹底しています。

きっと前を横切りまくるんでしょう。不吉なところがいい。

 

ここまで暗い世界を作り上げられると、却って応援したくなってきます。

いつも一緒にいたくはないですがね。

さて、肝心の葬式に行って、百舌教授は事件を解決していきます。

葬式だけあって、派手さにはかけます。

 

それどころか、なんかしんみりしてしまいます、葬式だから。

しかし、場数を踏んでいる(葬式の)だけあって、決めるところは決めてくれるので、すっきりします。

それでも、舞台は葬式なので、読後感は何とも薄暗いものになるのは仕方ないものなのでしょう。

まとめ

葬式で葬式探偵が事件を解決するスタイルは、ちょっと新しいのではないでしょうか。

百舌教授のキャラが立っていて、笑える部分もあります。

葬式で笑ってはいけないのですがね。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。