「エンバンメイズ」2巻のネタバレと感想!烏丸に秘められた過去

「エンバンメイズ」2巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

「エンバンメイズ」2巻のネタバレ

かつての施設での記憶。

烏丸が思い出していた過去。

施設で行われていた訓練は、ダーツ。

 

しかし、その実態は過酷なサバイバルだった。

エリート意識を持たされ、維持するための装置として下のランクには毒を盛る。

正常な判断が効かなくなった下位の人間たちは、続々と死んでいくだけでした。

 

その中で、烏丸は生き残り、瀬戸との1シーンが挿入。

同時に、彼の頬には涙が流れていたのでした。

友達だと思っているなら見捨てろ。

その言葉は、今も烏丸の中に残っていたのです。

 

話は今の時間軸に戻り、烏丸との対決場所も決定。

その行く場所には、烏丸と同様に施設を生き残った鈴音も同行。

対決者は華原で、賭けたものは「施設」の情報でした。

華原も烏丸と鈴音が共にいた、あの施設の出身者だったのです。

そして、試合は開始されるのですが、どうも雲行きが怪しくなっていき・・・?

 

ダーツとイカサマでくぐり抜ける死線。

あの施設の情報を持つ華原を倒し、烏丸は情報を得られるのか。

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

感想について

北斗の拳の「GOLAN」か、はたまた「修羅の国」か。

1巻から続き烏丸の過去を追った話でしたね。

ネットでもよくあるカレーライスの画像を思い出しそうな感じでした。

 

また、今回で烏丸の出身となる「あのダーツ競技者養成施設」が他にもあるような感じが示唆されています。

こんなの世界中にあったら、わりと迷惑極まりない気もしますね。

そういった過去と対決の話が中心ですが、注目したいのは瀬戸について。

瀬戸の生死はどうなったんでしょうか。

 

AクラスになれずBクラスのままで、毒を盛られ続けて瀕死の状態になってしまっていました。

他の名前無しのキャラたちが死んでいる中で、最後まで残っており、烏丸の背中を押した。

しかし、死亡したかどうかという描写がされていないのです。

これって、もしかして・・・今後の展開で出て来る、かも?

もしかしたら、ですけれどね。

まとめ

さて、2巻は過去と今が入り混じりつつ、かなりの部分がシリアスシーン。

それでも、道中に挟まれる鈴音との微笑ましいやり取りは、一時の癒やしを与えてくれます。

 

ちなみに、2巻ラストの方で華原が烏丸にとあることを問うた時。

その時の烏丸の顔は必見ですね。

 

やっぱり、こうでなくちゃねっ!と感じさせてくれます。

今後も、これが見られると思うと、楽しみで仕方ありませんでした。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です