「天国の仕立て屋」結末のネタバレと感想!2巻って出ないのかな

「天国の仕立て屋」結末近くまでのネタバレと感想です。

イイ話が沢山詰まっている名作ですよ!

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

「天国の仕立て屋」ネタバレ

物語の舞台は、仕立て屋・雪滴花(スノードロップ)。

そこには、仕立屋の柳英(りゅうえい)と、葬儀屋の葉悦(ようえつ)兄弟。

そして、家政婦の沙里(さり)16歳の少女が暮らしている。

 

そんな雪滴花に訪れる人々からの依頼から始まる物語は、どの話もドラマチック。

雪滴花にやって来るお客様は、皆、死期を悟っていり考えていたりする方ばかり。

たとえば、物語の最初のお客様は89歳のおばあちゃん。

 

時分に残された時間は僅かとなり、どうせならば夢を叶えたいと思ってやって来る。

その依頼とは、死装束用に、ウェディングドレスを着たいというもの。

夫とは戦争が終わったら、ウェディングドレスを着て結婚式をしようと約束していた。

 

しかし、夫は英国人であり、戦争のために祖国へと戻らなければ行けなかったのだ。

そして、その夫は戦死を遂げ、二度と会うことは叶わなかった。

だからこそ、死ぬときには、その夢を叶えたいという。

 

雪滴花にやって来るお客様は、死を間近に考えている人々。

そんなお客様たちの人生を聞き、雪滴花の仕立て屋がその希望を叶えるため洋服を仕立てる。

出会いと別れ、切なくも優しい物語集。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

「天国の仕立て屋」を読んだ感想

BL漫画家として名高い阿部あかね先生。

そんな阿部先生の少女(女性)漫画ということで、最初はどうなのだろうと思いました。

けれど、相変わらずのその繊細な画力はいうまでもなく、魅力的な登場人物ばかり。

 

ストーリーはといえば、とても切なく優しい物語の展開に、思わず感動してしまいました。

物語の設定上、死装束を仕立てるということで、別れが必ずどこかにチラついています。

いうなれば、やって来るお客様たちの生き様が描かれているのです。

 

そして、そんなお客様の希望を聞き、満足のいく最期を飾る。

淡々と静かに進んでいくストーリー展開とは裏腹に、とても心が揺り動かされました。

また阿部先生の繊細な画風が、とても物語にフィットしているから困ります。

 

ただ、「天国の仕立て屋」は、一巻とあるのに、二巻が出ていないようです。

物語は、オムニバス形式に描かれているので、続きの展開にはなっていません。

しかし、仕立て屋さんたちの登場人物たちもどこか謎めいていますし、色々気になる部分が。

 

レビューなどで見ても、かなり高評価なこの作品。

私も同様ですが、待ち望んでいる方が多そうなのに、どうして二巻がないのでしょう。

未だ次巻が読めないのはとても残念ですが、逆にいえば、そう思わせてくれる素晴らしい作品ということだと思います。

 

まとめ

阿部あかね先生の「天国の仕立て屋」は、2016年10月現在、一巻だけの発売です。

一巻と表記されているのですが、2009年に発売されて以来、次巻は出ていません。

もしかしたら、次巻に出会えるかもしれないという思いを胸に、気長に待ってみたい作品です。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。