「hなhとA子の呪い」最終回のネタバレと電子書籍の特典について

「hなhとA子の呪い」最終回のネタバレに電子書籍の特典についてです。

全2巻と短かったですが、情報量も多く楽しい作品でしたね。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

「hなhとA子の呪い」最終回の詳しいネタバレ

非常に分厚いです、本が。

明かされる話として南雲の過去の話、針辻がA子に取り憑かれた理由。

さらには、南雲の妹・咲の話なども絡みつつ話が展開されていきます。

 

詳しいネタバレ1:咲の紹介の元、針辻はA子退治のため山へ

咲のお師匠様の元へ行くことになり、電車に乗り込む2人。

そこへ勝手に合流してきた男がいました。

久慈愛喜という男です。

 

実は、この久慈という男は南雲の実父で、愛の奴隷という人間。

「人は人を裏切ってしまう生き物なんだよ」

という言葉を南雲に残して、幼い南雲にトラウマを植え付けた人物でした。

 

南雲の実父と知らずに一緒になり、道中で「愛」に関して語る針辻。

良い演説だー的な感じで聞き続けますが、何か裏がありそう。

途中下車で別れたと思いきや、やっぱり後を負われていのでした。

 

詳しいネタバレ2:南雲の家庭には問題があった

と、その前に師匠のお風呂場で一騒動起きちゃいます。

「血の繋がらない赤の他人だ」

妹・咲が久慈によって、本当の家族でないことが明かされてしまったのでした。

 

その言葉を聞いた咲は、一つの決意を胸に針辻の元へとやってきます。

「なんでお姉ちゃんがあんたを拒み続けたか―愛を信じなくなったのか」

ここから、咲の南雲家の過去が語られることに。

 

元々、幸せな家族として暮らしていた南雲家。

母に寄り添われ、父に挟まれ、安心して眠りについていた幼い南雲。

しかし、父は時折起きては玄関先で朝を嘆いていたのです。

 

とうとう、父はどこかへ消えてしまいました。

そして帰ってきた時には、無数の女を連れていたのです。

帰宅した父の元に喜び駆けつけた母は、床で動かずに横たわっている。

 

こうして南雲家は壊れてしまった。

その話を途中まで聞いていた針辻は、咲の話を遮ります。

「南雲の信頼を裏切ることになるだろう?」

 

と、同時にこの言葉を聞いていたA子にも異変が出てしまいました。

「思い出しちゃった・・・」

自分が生き霊として生まれてきた意味を、A子はこの時に思い出したのです。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

詳しいネタバレ3:針辻とA子と南雲と

父に拉致監禁されていた南雲なのですが、目的を思い出したA子がやってきて間接的に助け出すことに。

助け出した先はA子の記憶。

 

実は、A子と針辻は幼少の頃に一緒に遊んでいた仲だったのです。

A子の名前は野間英子と言って、今のA子の姿と瓜二つ。

さらに、衝撃的な言葉をA子は続けるのです。

 

「針辻組んはこの一週間後 八月二十八日に罪を犯す・・・私を―野間英子を犯すことになる」

しばらくは、仲の良い2人の姿が描かれていき、場面は夏祭りへ。

 

夏祭りの時に針辻と英子は、蛍が沢山飛んでいる草原で一旦別れました。

英子は友達と夏祭りの中へ、針辻はそのまま家へと帰宅。

 

しかし、翌日に針辻の元へやってきたのは警察でした。

英子は、針辻と別れ友達と一緒に行った時に誘拐されていたんです。

その少し後に針辻は、とある夢を見ていました。

 

その夢というのが・・・英子を犯してしまう夢。

これが針辻が「純愛主義」に走るキッカケとなることだったのです。

 

詳しいネタバレ4:生きていたA子こと野間英子と会う針辻

あの事件以来、初めて2人は会うことになりました。

「何もされなかったんだよね」

まるで、針辻の心を見透かしているような言葉を言う英子。

 

かつてのことを謝ろう、言おうと思っていた針辻はトドメの一撃を見舞われます。

「私ね お腹に赤ちゃんがいるんだよ」

結婚する相手は、会社の上司で〜と言われても耳に入らない針辻。

 

針辻は失意の元、絶壁の崖へとフラフラと歩いてやってきました。

それを追いかけてきたのは、咲の式神らしき能力を使って追ってきた南雲。

針辻が自分の「偽りの姿」を慟哭。

 

南雲も必死に止めるのですが、針辻は聞く耳を持たず飛び込み、それを追う南雲。

無事に助け出した浜辺で、針辻の行動に一喝と共に本当の自分の気持ちを伝えました。

 

鏡の前で髪を整え、襟を正していたこと。

お見合いのために着たドレスに足を震わせていたこと。

その時に、胸が高鳴っていた気持ちは「本物」であることを。

 

A子こと英子に見送られる針辻と南雲。

別れ際に、大きな声で英子は「夏祭りの後のこと」を泣きそうになりながら、針辻へぶつけます。

針辻は言葉を返せず、駅のホームにへたり込む英子を見て、帰るしかありませんでした。

 

結末のネタバレ:A子の呪いから1年後

英子の結婚式を行った針辻。

「本来なら予算オーバーなんだよ・・・費用をかなり負けさせられたからな」

咲とたわいも無い会話をしていた針辻の顔は、何かの憑き物が落ちた顔。

 

同時に、今日はようやく会える恋人との再会に不安を感じていました。

さて、落ち合うホテルへやってきた針辻を迎えた南雲。

 

しかし、その姿は強烈っ!強烈すぎました!

同僚のケイは、一目散に撤退。

そりゃ、あんな「モノ」をまじまじと見せつけられたらねぇ・・・。

 

1年の月日で変わったのは針辻だけではありません。

南雲も変わっていました。

少し素直になってみようと言っていた南雲は、わりと正直にどストレートな言葉を投げかけてきます。

 

「愛していますよ社長」

その言葉と笑顔で、何度も言いたいことを言えない針辻。

そして、夜を迎えた2人は・・・。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

「hなhとA子の呪い」の感想と電子書籍版の特典について

「性欲」と「愛」という尖った心理面の話ですけれど、その中身はまっとうな恋愛漫画。

ぶっちゃけ、少女漫画よりピュアじゃないの!?

というように感じざる得ません。

 

最後の方のシーンなんですけれど、ヤルわけですよ、針辻と南雲が。

その時にの南雲の三段階の表情がたまらなく好きでしたね!

あれは、ぜひコミックスの単行本で読んもらいたいです。

 

もう、2番目のコマで「うおおおおおおお!」と叫びたくなりました。

あんな表情を見せてくれる南雲に乾杯っ!

 

あ、電子書籍版の特典は南雲の水着姿で1ページ載っています。

いや〜、暴力的ですよ、この水着姿は。

ぜひ2巻のラストページで見てみてくださいね!

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

こっちとは少し違った作品ですが、Hが絡むのであればこれもオススメですよ。

「なんでここに先生が!?」ネタバレや最終回後の書き下ろしについて

2017.01.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です