最終回・結末

「オハナホロホロ」最終回のネタバレ!感想と試し読みサイトも紹介

全く知らずに読んでみた「オハナホロホロ」の最終回のネタバレと感想です。

いやー、びっくりしましたよ、これ。

[AD1]

「オハナホロホロ」の最終回のネタバレ

家族とは一体何か、というのを描いてくれています。

実際、みちると麻耶の話に関しては5巻で全て決着が付いています。

だから、また一緒に暮らし始めているし、楽しくやれています。

 

じゃあ、今巻は誰なのか。

それは、もう一人の同居人(下階の住人)であるニコ。

そして、彼元恋人で亡くなってしまった圭一に関してです。

 

本編の話としては、圭一の死に関して真実を知ったニコがゆうたを連れ去り、それを探しに行くお話です。

流れとしては、本当に船越英一郎が主役の火曜サスペンス劇場なんじゃないか、と思うほどです。

 

多分、作者も意識して作ったかも。

だって、ニコが役者だしね。

もう1つのお話の流れとしては、ゆうたの誕生について。

 

読んだ後に、ゆうたについて考えてみると、かなり重いものを背負わされていることに気付くと思います。

さらに、この本編終了後には、十年後の姿が映しだされます。

 

このシーンは、ぜひ貴方自身の目で見てみて下さい。

[AD2]

読んでみた感想について

何も知らずに読んでびっくり。

まさかの同性愛者のお話でした、というね。

読んだ自分もそうなのですが、多くの人が理解しかねるでしょうね、これは。

 

自分がゆうただったとして、この事実を知ったらグレますよ、多分。

えっ、えっ、となるに決まっています。

とはいえ、一応きちんと育てられているってことは、ケアはしっかりしてきたのでしょう。

そういえば、こういう話がどっかであったのですけれど、思い出せません。

 

さて、気になるのは本巻の1巻は1巻という印がありません。

もしかしたら、1巻分でまとめるだけで終るつもりが人気になって続けてくれ。

そんな形に変更されたのでしょうね。

 

さらに話は変わりますが、表現は女性らしい面白い表現が沢山ありました。

作中でよく見る黒い棘の形などを模した背景とか。

こういうのは、女性ならではの表現らしいなー、と感心しました。

まとめ

自分の周りで起きていないことって理解するのに大変ですが、読んでみて良かった。

そう思える作品の1つではありましたね。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。